2018年06月09日

紙もの展示室

180609_kamimono_01.jpg
包装紙、切符、栞、絵葉書など、本以外の雑多な脇役的な紙製品は俗に「紙もの」と呼ばれ、古書店、古書市などでよく見かけます。当時ではただの紙くずとしてしか扱われなかったような商品のパッケージや瓶のラベルなども一定の時を経ると突如として魅力あふれる宝物のように輝きだしてくるのが面白いです。捨てずにちゃんと残して採っておいていた人がいるから今そうしたものを手に出来るわけですが、そう考えると、「これは後世に残すべき!」とまではいかなくても、それなりにボンヤリとした使命感のようなものがコレクター気質の人にはあるような気がしてきます。と、まぁそんなわけで、なんとなく集めていた雑多な紙ものが部屋を整理してたら出てきたので、今回はそうした紙ものコレクションの中から適当にご紹介します。

180609_kamimono_02.jpg
「クラブ化粧品」の紙箱。逆読みの文字とアールデコのデザインからして戦前のものっぽいですね。夢野久作や小栗虫太郎といった昭和異端文学の巨星を輩出してきたことで知られる文芸誌『新青年』のデザインを彷彿とするミステリー感のあるデザインにぐっときます。

180609_kamimono_03.jpg
メンコです。相手の置いたメンコの脇に自分のメンコを叩き付け風圧で裏返したら勝ちで、裏返したメンコは自分のモノになる、という素朴なルールのゲームだったと思います。幼少期に何度かやった記憶がありますが、すでに廃れた遊びになっていたため、メンコで遊ぶというよりは、カードコレクションのような感じで蒐集して楽しむような感じだったと思います。当時の人気漫画などが絵柄になってますが、本家に許可をとって製造しているものは少なく、微妙に似てないキャラなどが多い印象がありますが、そういう昭和のパチモンくささもまたメンコの魅力でもあったりしますね。

180609_kamimono_04.jpg
メンコの裏側。メンコを手にした事のある人であれば一度は疑問に思うことのひとつがこの裏面の謎です。メンコの裏側には謎の数字や、トランプ的な絵柄や、ジャンケンの図など、いわくありげな記号に満ちあふれていることに気づくと思います。相手のメンコをひっくり返す以外の、何か特殊な遊び方がメンコにはあるのか?と、疑問に思ってさっそくネットで調べてみると、あっさり長年の謎が解けました。あの裏面の謎の数字などは、どうやらメンコ業者の過剰サービス精神が生んだもののようで、メンコを風圧で裏返すという遊び以外にも、メンコを多種多様な遊びに使ってほしいという業者の想いが込められていたようですね。メンコ裏面の謎解きの詳細は以下のリンク先の記事を参照してください。

メモ参考サイト
「メンコの不思議な記号」ブログ『メンコ昭和館』様の記事より
他の記事も、たくさんのメンコ画像とともに、メンコから読み解く昭和という時代を考察しておられて興味深かったです。

180609_kamimono_05.jpg
飴玉などの包装紙や広告入りの栞など。

180609_kamimono_06.jpg
「家族合わせ」のゲーム札。今では馴染みが薄くなってしまったカードゲームの一種ですね。バラバラになっている5つの家族のメンバーを揃えていく遊びです。森田童子の「セルロイドの少女」で歌われているイメージのせいか、どことなくメランコリックで寺山修司的な情緒を感じるカードゲームでしたが、実際に家族合わせカードを手にしてみると、それぞれの名前がユーモラスなダジャレになっている場合が多く、なにやら楽し気な雰囲気ですね。そのうち自作のカードを作ってみたいです。

メモ参考サイト
家族合わせ(ウィキペディア)

180609_kamimono_07.jpg
朝野寝坊八(あさのねぼはち)の娘のカード。職業が番頭(商家などの使用人のチーフ)なのに朝寝坊の常習犯っぽい感じの名前というのがイイですね。これだけでギャグ漫画の短編が一本描けそうです。

180609_kamimono_08.jpg
「令女 Reijo Silk Cap」。裁縫針っぽいものが刺さっていますが、もともとは髪型をキープするヘアネットをくるむ台紙のようです。高峰秀子風のレトロテイストの婦人画がいい味だしてますね。

180609_kamimono_09.jpg
しまかげのアイスクリームの袋。麦わら帽子にお下げ髪の少女がアイスバーを持ってるアイコンぽいイラストが可愛いですね。マルシンハンバーグのみみちゃん系のシンプルな線に惹かれます。昭和のオーラを感じるイラストと色使いが和みますね。残念ながら商品の詳細は解りません。アイスクリームなのに紙袋というのが謎めいていますね。調べてみると、製造会社のしまかげは度重なる火災のために1997年にアイスクリーム製造から撤退、とありました。

180609_kamimono_12.jpg

180609_kamimono_10.jpg

180609_kamimono_11.jpg

大善の『御花紙』2種。「お鼻紙」のもじりですね。いかにも昭和のご婦人のエチケット用品っぽい乙女なデザインがいいですね。

180609_kamimono_13.jpg

180609_kamimono_14.jpg
『獅子印・ライオン歯磨』の紙箱。諸星大二郎先生の「孔子暗黒伝」に出てくる開明獣テイストな妖しいライオンの版画が神秘なオーラを放っていてイイですね〜 昔のマッチ箱もそうですが、こんな感じの装飾過多な戦前のデザインってロマンがあって素敵ですね。
posted by 八竹釣月 at 12:09| Comment(0) | コレクション

2018年04月09日

トモ子ちゃん写真セット

180409_tomoko_01.jpg

少女スターのレジェンド、松島トモ子ちゃんの可愛い写真をご紹介します。単体で手に入れたので詳細は不明ですが、表紙に「なかよし12月号ふろく」と書かれており、中身のプロマイドも5〜8歳くらいまでの写真のようなので、トモ子ちゃんが8歳のころのものとして生年月日から計算すると昭和28年(1953年)の「なかよし」12月号のふろくである可能性が高いですね。

180409_tomoko_02.jpg

それにしても可愛いですね〜 昭和30年代前後の少女雑誌には必ずどこかに出ているような印象があり、当時の洋裁雑誌にも子供服のモデルでしばしば登場しています。ひっぱりだこの超人気子役タレントだったことがうかがわれますね。

180409_tomoko_03.jpg

180409_tomoko_04.jpg

180409_tomoko_05.jpg

180409_tomoko_06.jpg

180409_tomoko_07.jpg

180409_tomoko_08.jpg

180409_tomoko_09.jpg

180409_tomoko_10.jpg

180409_tomoko_11.jpg

180409_tomoko_12.jpg

180409_tomoko_13.jpg

180409_tomoko_14.jpg

180409_tomoko_15.jpg

180409_tomoko_16.jpg

そういえば、こういう感じのポーズをとったタレントの写真をプロマイドと呼んだり、あるいはブロマイドと呼んだりしますね。いったいプ(PU)なのかブ(BU)なのか、どちらが正しいのか調べてみると、意外や意外、どちらも正しいようです。正確には、「プロマイド (Puromaido)」はタレントなどのコレクション用写真、「ブロマイド (Buromaido)」はブロマイド(臭化銀)を感光剤として用いた印画紙(ブロマイド・ペーパー)を指す和製英語で、どちらかというと「プロマイド (Puromaido)」と呼ぶ方が正しいっぽいですが、現在ではどちらも普通に使われているためにどちらで呼んでも間違いではないようです。

メモ参考サイト
松島トモ子(ウィキペディア)

プロマイド(ウィキペディア)
posted by 八竹釣月 at 15:38| Comment(0) | コレクション

2016年12月19日

懐かし紙もの

161219_a.jpg

部屋を整理してたら、忘れかけていた紙もののコレクションなどがいろいろ出てきたので、一部を少しご紹介します。時代を超えて残っているこうした古いものを見ていると、自分が生まれる前の知らない時代であるにもかかわらず、ノスタルジックな不思議な気分にさせられます。骨董でも古本でも、今そこに存在するということは、現在まで無数の人々の審美眼によって「美しい」「面白い」というポジティブな評価を受けてきたことの証です。永い時間に淘汰され、捨てられずに生き延びてきたモノたちは、そうした意味でも、新しいものとはまた別の魅力がありますね。

161219_gum.jpg

161219_lemonard.jpg

161219_rose.jpg

161219_morinaga_01.jpg
デザインが欧州の絵本っぽいテイストでお洒落ですね。「森永チューレット」は、森永製菓が1956年から1975年にかけて製造・販売していたソフトキャンディ。子供が飲み込んでも大丈夫な、食べられるチューインガムをテーマに開発された商品で、現在のハイチュウの前身となった商品のようです。

161219_morinaga_02.jpg
「森永チューレット」の裏側。

161219_okashi_03.jpg
「サンデーチウインガム」戦前のパッケージデザインは妙な怪しさがあっていいですね。

161219_okashi_04.jpg
「サンデーチウインガム」の裏側。

161219_okashi_05.jpg

161219_okashi_06.jpg

161219_okashi_07.jpg

161219_chienowa_01.jpg
「ちえのわクラブ」というのはラジオ東京(現TBSラジオ)の開局当時、昭和20年代に放送されていた子供向けのクイズ番組のようです。これは、その小冊子。

161219_chienowa_02.jpg
松島トモ子と並んで当時の人気子役タレントだった小鳩くるみちゃんによる出題ページ。

161219_chienowa_03.jpg
こちらも当時の児童歌手の滝川正子ちゃんによる出題と、解答ページ。
posted by 八竹釣月 at 14:17| Comment(0) | コレクション

2016年09月02日

古いブリキ缶

ちょっとした小物入れに昔のお菓子や薬などのブリキ缶などを使ったりしています。実用的な面よりは、部屋にレトロなアクセントを加えてくれる面で活躍してくれています。今回はそうした感じで現役活躍中のブリキ缶のコレクションをいくつかご紹介します。

160902-tin-j1.jpg
「馬印青色ゼンマイ」の缶。蓄音機に使われるゼンマイが入っていた缶のようです。青地に赤いペガサス(天馬)という奇妙な配色がシュール感をいっそう高めています。

160902-tin-j2.jpg
今はとりあえず柘榴石(ガーネット)の原石を入れてます。

160902-tin-j3.jpg
鉱物や化石などを飾っているキャビネットに一緒に置いてみました。

160902-tin-a1.jpg
戦前の「ホドヂン錠」のブリキ缶。虫よけの王≠ニいうキャッチコピーがありますが、以下の広告からわかるとおり、ヤブ蚊などの虫除け剤ではなく、衣類の虫除け剤のようです。

160902-tin-a2.jpg
同上の側面と中。今のところボールペン入れにしてます。

160902-tin-a3.jpg
昭和9年(1934年)の婦人倶楽部の付録の裏表紙に掲載された「ホドヂン錠」の広告。左隅にこの「ホドジン錠」の発売元が書かれていて、「金星商会」とあります。稲垣足穂的な天体ロマンな感じのカッコイイ会社名ですね。

160902-tin-a4.jpg
こちらも戦前の婦人雑誌に掲載れた「ホドヂン錠」の広告。

160902-tin-b1.jpg
ベビーパウダー「シッカロール」の缶。明治39年(1906年)に発売開始された和光堂を代表するロングセラー商品で、パッケージデザインも時代ごとに興味深い変化があってコレクター心をくすぐります。

160902-tin-b2.jpg
同上の側面。中身はそのまんまベビーパウダーを詰め替えて使用しています。

160902-tin-b3.jpg
こちらは紙箱製の「シッカロール」。上の缶とほとんど同じデザインに見えますが、よく見ると婦人の髪型が微妙に異なっています。下記のサイトによればこちらの紙箱は戦前のもので、上のブリキ缶は戦後(昭和20頃)みたいですね。

参考サイト
メモシッカロールの歴史(NTTコム「ニッポン・ロングセラー考 vol.88」)

160902-tin-c1.jpg
森永ミルクキャラメルのお馴染みの伝統的な黄色のデザインですが、ブリキ缶バージョンはちょっと珍しいような気がします。商標登録の文字が逆読みなので戦前のものでしょうね。調べてみたら森永ミルクキャラメルの歴史は明治時代にまで遡るそうで、思ったより古くからある歴史のある商品なんですね〜

参考サイト
メモ森永ミルクキャラメルの歴史

160902-tin-d1.jpg
明治の粉ミルクの缶。少女の絵柄が可愛い。絵の少女の持っているのも同じ缶で、その缶にも同じ少女が描かれ、無限の入れ子構造を想像させます。そうしたちょっとした不思議感も見所です。

160902-tin-e1.jpg
アールデコなデザインの「ビクトリヤ」のブリキ缶。文字が右から左への逆読みでアールデコというと昭和10年前後あたりのものでしょうか。「保温腰衣附」とありますが、どんな商品が入っていたのかちょっと見当がつきません。「ビクトリヤ」というと昔の婦人雑誌の広告で、布製のナプキンなど生理用品の広告を見たことがあるので、そういう系の何らかの婦人用のエチケット用品のたぐいが入っていたのかもしれません。

160902-tin-e2.jpg
同上の側面。凝ったデザインがいい味出してます。

160902-tin-f1.jpg
森永のクッキー詰め合わせ「クララ」の缶。

160902-tin-f2.jpg
同上。側面。

160902-tin-g1.jpg
こちらも薔薇をあしらった砂糖の缶です。

160902-tin-h1.jpg
「NAPOLEON」というブランドのレコード針のケース。

160902-tin-i1.jpg
インド製の固形水彩絵の具セットのようです。フタに描かれたモンドな感じの「見ざる聞かざる言わざる」のイラストが雰囲気だしています。「見ざる聞かざる言わざる」というと、日光東照宮などで知られる「見ザル、聞かザル、言わザル」の「三猿」が思い浮かびます。「見ざる聞かざる言わざる」は、語呂が良いこともあって、いかにも日本発祥だと思い込んでましたが、古代エジプトやアンコールワット遺跡にも見られるモチーフのようで、意外にも外国から伝わったものだそうです。なぜインドの雑貨にこのモチーフが使われているのか気になって調べてみたのですが、いい勉強になりました。
posted by 八竹釣月 at 05:16| Comment(0) | コレクション

2016年05月31日

浪漫鉄道

電車血があつい鉄道ならば…

列車は「旅」の象徴であり、旅は「人生」の象徴であります。そういうイメージも手伝って、列車というのはいつもどこか叙情と哀愁を感じる乗物という印象があります。私は鉄道に詳しくはないので鉄道オタクを自称するレベルにはいないのですが、最近昔の汽車の写真を集めはじめていて、鉄道マニアの人の気持ちがなんとなくわかるような気がしてきました。そう鉄道とはロマンそのものなのです。

160601-sensei1930.jpg
戦前の児童雑誌『センセイ』(幼女の友社 昭和5年[1930年])より 

ちなみに、電車と汽車の違いですが、「電車」はパンタグラフと呼ばれる部分から上方に張られている架線から電力を受け取って走るタイプのことで、「汽車」とは主に「蒸気機関車」を指しますが「ディーゼル機関車」など電車以外の列車を含む総称でもある、ということです。また、電車というと、なんとなく電気機関車の略称のように思い込んでいたのですが、厳密には区別されている言葉のようで、普段何気なく使っている言葉も意外と一筋縄でいかないものですね。

メモ参考サイト 「鉄道豆知識」

160531-t-j01.jpg
860型 タンク機関車 1-B-1型 (明治26年[1893年] 製造:鉄道作業局神戸工場)国産1号機。英国人技師リチャード・フランシス・トレビシックの指導により我が国初の蒸気機関車が製造されました。

160531-t-j02.jpg
C51型加熱テンダー機関車のお召列車牽引 2-C-1型(大正8年[1919年] 製造:川崎車両、三菱造船など)C51型は扱いやすく、パワーもあり、よく走る、とても優秀な機関車だったそうで、旅客車両としてだけでなく、お召し列車(おめしれっしゃ=天皇、皇后、皇太后が使うために特別に運行される列車)にもしばしば使われたそうです。

160531-t-j03.jpg
8550型 テンダー機関車 1-C型 (明治32年[1899年] 製造:スケネクターデー社)九州鉄道が主な舞台だったそうで、その無骨な外観通り、牛のようにのっしのっしと尻を揺らしながらスタートするが速度が乗ると俄然パワフルな走りを見せてくれたそうです。

160531-t-j04.jpg
弁慶号テンダー機関車 1-C型 (明治13年[1880年] 製造:米国ポーター社)威勢良く北海道を走っていたそうです。カランカランと優雅な鐘が鳴るユーモラスな機関車として親しまれてきたようですが、可愛らしい外見に似合わず200馬力を超える当時としてはなかなかのパワーもあったそうで、北の大地の開拓に大いに貢献したようです。


血があつい鉄道ならば
走りぬけてゆく汽車はいつかは心臓を通るだろう
同じ時代の誰かが
地を穿つさびしいひぴきを後にして
私はクリフォード・ブラウンの旅行案内の最後のペーシをめくる男だ
合言棄は A列車で行こう だ
そうだ A列車で行こう
ぞれがだめなら走って行こう

時速一○○キロのスピードでホーマーの「オデッセー」を読みとばしてゆく爽快さ!
想像力の冒険王! テーブルの上のアメリカ大陸を一日二往復目 目で走破しても
息切れしない私は 魂の車輪の直径を
メートル法ではかりながら
「癌の谷」をいくつも越え捨ててきた

血があつい鉄道ならば
汽車の通らぬ裏通りもあるだろう
声の無人地域でハーモニカを吹いている孤独な老人たち! 木の箱をたたくとどこからともなく這い出してくる無数のカメたち
数少ないやさしいことばを預金通帳から出したり入れたりし 過去の職業安定所 噂のホームドラマを探しながら
年々、鉄路から離れてゆく

寺山修司「ロング・グッドバイ」より抜粋


160531-t-n01.jpg
足寄森林鉄道 44号(昭和17年[1942年] 製造:国鉄釧路工場)

160531-t-n02.jpg
C型アプト式タンク機関車 形式3900 (明治25年[1892年] 製造:英国エスリンゲン社)横川-軽井沢アプト区間で最初に使用された。


160531-t-n03.jpg
1C型テンダー機関車 形式7750 (明治26年[1893年] 製造:英国ネルソン社)黒磯-福島の勾配区間で使用されたそうです。



電車A列車で行こう

列車は人生という名の旅を分かりやすく象徴する乗物ですから、列車をテーマにした音楽も叙情に満ちたものが多いですね。また、近代社会を代表するスピードの象徴でもあり、メカニックなフォルムのクールさから、モダンなイメージもまた加味されて独特の味わいがあります。そういうわけで、列車をテーマにした曲を個人的な好みで選んでみました。

るんるんSteve Reich「Different Trains 1 (America - Before The War)」
るんるんSteve Reich「Different Trains 2 (Europe-During the War)」
るんるんSteve Reich「Different Trains 3(America-After the War)」
以前スティーブ・ライヒをテーマにした記事でも書きましたが、汽車をテーマにした音楽の中で最も好きな曲はこれです。ミニマル音楽の巨匠スティーブ・ライヒによるミステリアスな質感の汽車幻想。弦楽器が実に巧みに汽車の動きや線路のうねりを表現していて凄いです。サンプリングされた短文のリピートや汽笛が異次元なシュール感を醸し出していて絶品であります。楽曲「ディファレント・トレイン」は、第二次世界大戦の前後の不安感を3部で構成した作品。第1部は戦前のアメリカ、第2部は戦中のヨーロッパ、第3部は戦後のアメリカがテーマです。はじめて聴いたスティーブ・ライヒの曲というのもあって個人的に思い入れがあります。

るんるんTom Waits「Downtown Train」
黄昏の酔いどれシンガー、トム・ウェイツらしい哀愁漂う汽車のロマン。曲もかっこいいですが歌詞もまた渋くて素敵!列車は、閉じこもった小さな日常から、果てしない未知の世界に連れて行ってくれる人生の導師(グル)なのかもしれませんね。「洋楽和訳 (lyrics) めったPOPS」様による歌詞の和訳

るんるんAnita O'Day「Take The 'A' Train」
アニタ・オデイの軽快でムーディーな歌唱が心地いいですね。曲はジャズの有名なスタンダードナンバー「A列車で行こう」です。
「Groovy Groovy ~and all that jazz~」様による歌詞の和訳

るんるんMeade Lux Lewis「Honky Tonk Train Blues」
アメリカのピアニスト、ミード・ルクス・ルイスの1927年の大ヒットナンバー。ホンキートンク(Honky Tonk)とは意図的にくだけた調子外れなノリを味わいとするアメリカのカントリーミュージックのジャンルを指すようです。

るんるんMartin Denny「Burma Train」
「ビルマ・トレイン」と題するマーティン・デニーらしいエキゾチック感たっぷりの曲。

るんるんThe Doobie Brothers「Long Train Running」
アメリカのベテランロックバンド、ドゥービー・ブラザーズの1973年の大ヒット曲。なんとなくどこかで聴いたことある曲だと思います。歌詞は人生の無情さを列車に例えて歌っていて哀愁を感じます。「洋楽歌詞を和訳じゃ。」様による歌詞の和訳



電車花電車

花電車といえば、派手な装飾を施した路面電車のことで、主にお祭りや重要な記念日などのスペシャルな日でしか運行されないため、なかなか見る機会はありません。とっくに廃れた風習だと思っていたのですが、現在でもごくたまに運行しているようで、チャンスがあればまだまだ見れる機会はありそうです。ということで、絵葉書コレクションの中から、シュールな様相を偲ばせる往年の花電車をご紹介します。

160531-t-h01.jpg

160531-t-h02.jpg

160531-t-h03.jpg

160531-t-h04.jpg

160531-t-h05.jpg

160531-t-h06.jpg

160531-t-h07.jpg
posted by 八竹釣月 at 11:36| Comment(0) | コレクション