2013年12月09日

キノコの森

先日ヤマブシタケの神秘な造形に触れ、少しばかりキノコに関心が向いているところなので、今回はキノコ関連の記事を書いてみます。

PC080002.jpg
しばしば男性器に例えられるのはマツタケですが、エリンギのフォルムもなかなか立派なものです。

PC080006.jpg
「食べ物」という視点を離れて見ると、シンプルで力強いフォルムの見事さに気づきます。

PC080012.jpg
(上)鮮やかなイエローが妖しい「タモギタケ」。最近注目されてる驚異の健康キノコらしいですが、山で見つけたら毒キノコと勘違いしそうな色ですね。
(下)お馴染みのキノコ、シメジ[ブナシメジ]です。「匂いマツタケ、味シメジ」で言われるシメジはこのブナシメジではなく、ホンシメジのほうだそうです。ホンシメジのほうは高級食材のようで、私も食べた事ありません。

PC080021.jpg
先日もご紹介したヤマブシタケ。先日のものはもう胃袋の中なので、これは別の個体です。あいかわらず面白い形をしています。

PC090032.jpg
キノコの森で踊るバレリーナ。適当に買いそろえたキノコを森に見立てて少し凝った写真を撮ってみたくなり、ちょっと挑戦してみました。

PC090034.jpg
ヤマブシタケが柳か噴水のような感じで、いい景色を作ってます。

PC090040.jpg
使用したキノコは全て、キノコ生産量日本一の長野県産のものです。現在このキノコたちは台所の鍋の中にいます。

PC090002.jpg

PC090003.jpg
雑誌「太陽」1963年10月号 平凡社 p148〜149 「キノコの国」三好碩也:画
この素晴らしい見開きイラストのためだけに購入した「太陽」のバックナンバー。キノコに関する雑学を紹介する企画の中に挟まれたページです。イラストに描かれているたくさんのキノコは実在するキノコで、200種類が描きこまれています。キノコの国で遊んでいる小さな妖精の身長を10cmと設定し、キノコの実際の大きさも解るように描かれており、なかなか凝ったイラストです。

記事の中にあるキノコの雑学も興味深い面白いものが多いです。その中から、ふたつばかり紹介します。

【魔法のきのこ】
17世紀ヨーロッパでは深海にきのこがあると信じられていた。これが空気にふれると硬化し、不老不死の石になるというのだが、その正体はメキシコ産のサンゴ石である。このような誤解もきのこに何か神秘的な力があると、人々が感じたためだろう。日本でもマンネンタケが縁起のよい装飾品とされた事実がある。

※「メキシコ産のサンゴ石」とありますが、現代ではサンゴ石というより、「山サンゴ」「アラゴナイト」「あられ石」という名前のほうが通りがよいですね。メキシコ以外でも世界中で産出される石で、それほどレアなものではないですが、名前のとおり珊瑚に似たユニークな形状をとるものが多く、中にはキノコっぽい形のものもあります。私のコレクションの中にソレっぽいものがあったので参考に貼っておきます。
P4290059.jpg
メキシコ産アラゴナイト

【ナメコはナメコにあらず】
ナメコといえばほとんどの人は、つるりとした小さなきのこを想像するが、この名は本来はエノキタケの山形地方での愛称だった。ところが、ナメスギタケを栽培し、かんづめにして売り出した人が、これにナメコの名をつけた。それ以来ナメコはナメスギタケのことになり、いまでは都会はもちろん、本場の山形でもこの名になっている。
posted by 八竹彗月 at 13:03| Comment(4) | 雑記
この記事へのコメント
イヒ太郎さんの、キノコの造形に着目した、という感性が非常に興味深いです。

常にモノを新鮮な目で見る事が出来ないとキノコの造形の摩訶不思議に気付く事もないと思います。

その新鮮な目と感性が素晴らしい作品を生むのでしょう。

キノコの森で踊るバレリーナ…。風の谷のナウシカっぽいです。
Posted by tdm at 2013年12月09日 17:42
コメントありがとうございます^^
自然の造形に意識的に興味を持つようになったのは、多分鉱物趣味にハマったことが原因でしょうね。

鉱物に限らず、鳥や蝶の奇麗な羽や、木目の奇麗な木材、マツボックリや貝殻など、美術館に行かなくても、意外に身の回りに芸術的な美を感じさせるものが転がっていることに気づかされますね。
最近は、「ロマネスコ」という野菜の写真を撮ってみたいという思いが膨らんでます。とても奇妙な形をしているイタリア生まれの野菜だそうですが、日本でも栽培している農家は意外にそこそこいるみたいで、手に入れるのはそれほど難しくないらしく、ぜひゲットして激写したいです。

>風の谷のナウシカっぽいです。

言われてみれば、どことなくナウシカにでてくる腐海ぽい雰囲気ですね。宮崎作品って、そういえば、どの作品も腐海をはじめ、異形の景色を背景にしたシーンがよく出てきますね。ああいった異世界感覚のある風景は大好きで、自分でも絵で描いてみたいと常々思っています。エロ絵で幻想的な背景がマッチするシチュが思い浮かんだら挑戦してみたいところです。
Posted by イヒ太郎 at 2013年12月10日 02:53
キノコ類好きなので超食いたいですw
Posted by dekoya at 2013年12月18日 15:07
マツタケやホンシメジなど、なかなか口にできない高級キノコもありますが、エノキやシイタケなど安いキノコもなかなかの美味で、この季節とくに鍋の友といった感じですね。
キノコは低カロリーの健康食品なのも良いですね^^
Posted by イヒ太郎 at 2013年12月19日 07:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: