2013年04月07日

黒の手帖

P2250006.jpg
雑誌『黒の手帖』創刊5月号(第1巻1号) 檸檬社 1971年 ブラック・ユーモア第2集  表紙 片山健
『黒の手帖』は70年代初頭(1969〜1972)に刊行されていた異端のアート雑誌。70年代はこういう感じの雑誌がいろいろあって面白いですが、なんといっても『黒の手帖』という妖しいタイトルが目を引きますね。中身もタイトル通りマイナー芸術家の作品をグラビアで紹介したり
過激な評論や前衛的な漫画、サディスティックな小説などなど70年代異端文化のパラダイスのような様相です。

P2250008.jpg
石子順造のつげ義春論や赤瀬川原平の「櫻画報」など当時のメジャーな作家からこの雑誌でしか見れない無名の気鋭のアーティストまで、ユニークな顔ぶれが並びます。70年代の『夜想』みたいな感じでしょうか。三島由紀夫、植草甚一、石子順造、金井美恵子、平岡正明、赤瀬川原平、谷川晃一、杉浦茂、鈴木いずみ、マッド・アマノ、四谷シモン、ヨシダ・ヨシエ、秋竜山、松本俊夫、中村宏、鴨沢祐仁、嵐山光三郎、荒木経惟、林静一、田名網敬一、スズキコージ、佐伯俊男、萩原朔美、加藤郁乎、水木しげる、真崎守、片岡義男、種村季弘、木村恒久、唐十郎、吉田光彦などなど錚々たる顔ぶれが参加していて、単なるマイナー雑誌とは一線を画したユニークな雑誌です。
posted by 八竹彗月 at 19:33| Comment(0) | 古本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: