2012年12月11日

こども世界

PC110002.jpg
「こども家の光」昭和28年10月号 家の光協会
風間四郎の描く童画。どこか不思議な感じのする絵ですね。

PC110004.jpg
(上)「人魚姫」谷俊彦画 「こども家の光」昭和28年10月号 家の光協会 (下)連載漫画「ポピィのあひる」ばばのぼる画 「小学二年生」昭和25年5月号 小学館
楽園感覚のあるページ。

PC110009.jpg
(左)「四年の学習」昭和27年4月号 学研(右)「こども家の光」昭和36年4月号
ぶらんこの表紙を並べてみました。

PC110010.jpg
「小学二年生」昭和25年5月号 小学館
見開きページでゲーム盤がデザインされています。

PC110013.jpg
同上。「二ちゃん」というのは読者ページのキャラクターです。

PC110021.jpg
「こども世界」昭和25年2月号 実業之日本社

PC110019.jpg
同上。コマ割の無い一枚絵のパノラマ漫画のスタイルは昔の児童雑誌ではよく目にします。時系列から解放され、各所で交わされるフキダシの会話の賑やかさが楽しいですね。こうしたスタイルの表現から思うのは、モノゴトは順番に起こって時間は流れてゆく、というのはあくまで主観的な「時間感」に過ぎず、実際の世界はあらゆる出来事が一度に「今」起こり世界は生成されていくのである、という客観的時間の概念ですね。

PC110026.jpg
「小学二年生」昭和26年5月号 小学館
童画界の第一人者黒崎義介(くろさき よしすけ 1905〜1984)の可愛らしい挿絵。

PC110027.jpg
同上。連載漫画「とっぴーのふしぎなくに」みきますお画 不安も不満も無いユートピア「らくらくの国」に案内された主人公、勉強も無くお菓子も食べ放題の理想郷に「ぼくもこの国に住みたいな」とすっかり気に入ってしまいますが、ねずみの大群がこの国に引っ越してきてから様相は変わります。遊んだり居眠りしたりするばかりの怠け者の国民ばかりなので、ねずみがどういう生き物なのかも解らず対策もしないのでどんどんねずみが街にあふれていき・・・といった所で「つづく」になっています。
posted by 八竹彗月 at 10:35| Comment(0) | 古本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: