2012年12月01日

【音楽】最近のお気に入り曲

Kayak「Ivory Dance」
カヤックはオランダのベテランのプログレバンド。この曲はアルバム「Periscope Life」に収録されたインストゥルメンタルです。魔法の国に誘われていくような、テンポのいいアイリッシュ風の幻想的なメロディが心地よいです。

Annie Moses Band「Poor Wayfaring Pilgrim」
アニー・モーゼス・バンドはブルーグラス、アイリッシュ、クラシック、ジャズなどの融合した個性的で洗練された楽曲が魅力のアメリカのバンド。0:40からの静かに高揚する感じがお洒落でカッコイイですね。

Green Day「Amy」
グリーン・デイはアメリカのパンクロックバンド。この曲はパンクではなくいい感じのしっとりしたバラードです。

Singing Nun「Dominique」
1964年のヒット曲。いつかどこかで聴いたことがあるドーミニックニック〜のコーラスのアノ曲です。ベルギーの本物の修道院シスターたちが歌っているというのも異色ですね。歌詞は、天使のように純真な盲目の少女ドミニクの信仰心に厚いけなげで明るい日常を描いています。

Whistling Jack Smith「I was Kaiser Bill's batman」
1967年のヒット曲。これもどこかで聴いたことがある口笛のみのアノ珍曲です。邦題は「口笛天国」。直訳すると「俺はカイザー・ビルのバットマンだった」ですが、調べてみると、カイザー・ビルというのはビクトリア女王の孫息子で、第9代プロイセン王国国王・第3代ドイツ帝国皇帝ヴィルヘルム2世のことを指すようです。バットマンは例のヒーローのことではなく、英国軍の将校の身辺の世話役として配属された当番兵の意味があるみたいですね。口笛の曲というと、あのユーモラスなクラシックの名曲「口笛吹きと犬」も思い出しますね。

J.J. Cale「Don't Cry Sister」
アメリカのベテランシンガーソングライター、J.J.ケイルの渋いソウルフルな逸品。

dala「Drive Through Summer」
ダラはカナダの女性フォークデュオ。アコースティックな気持ちのよい曲です。

PB030024_2.jpg
タグ:音楽 洋楽
posted by 八竹彗月 at 10:01| Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: