2012年11月14日

レトロ少女写真館

自分たちの学問で今まで知られていることは、祭祀祈祷の宗教上の行為は、もと肝要なる部分がことごとく婦人の管轄であった。巫はこの民族にあっては原則として女性であった。後代は家柄によりまた神の指定に従って、彼らの一部分のみが神役に従事し、その他はみな凡庸をもって目せられたが、以前は家々の婦女は必ず神に仕え、ただその中の最もさかしき者が、最も優れたる巫女であったものらしい。
柳田國男『妹の力』 昭和15年 創元社刊より現代文に改め引用

PA280047.jpg
着物にリボンにお人形。(明治44年)

PA280011.jpg
昭和2年のアサヒグラフ表紙。桜並木に着物姿のおかっぱ少女。

PA280015.jpg
昭和3年。育ちの良さそうな上品な双葉高女生。双葉学園は東京四谷にある明治5年開校の由緒ある私立学校です。

PA280016.jpg
(上)昭和3年の小学1年生。(下)昭和5年の宝塚少女歌劇団の生徒。

PA280022.jpg
「小さなモガさん」とキャプションがつけられた昭和5年のお洒落な女子小学生。モガというのは、「モダンガール」の略で、モボ(モダンボーイの意)と同様当時の流行語でした。エノケン(榎本健一)の流行歌「洒落男」で「俺は村中で一番モボだと言われた男」と歌っていますが、この歌は吉幾三のヒット曲「俺は田舎のプレスリー」の元祖みたいな唄ですね。最先端の洒落男を自認する田舎者のお上りさんが銀座で美女に人目惚れするが実は美人局で、身ぐるみはがれて東京砂漠な感じの絶望を味わうというストーリーのユーモラスな唄です。

PA280043.jpg
(左)明治40年の女学生。お下げ髪にリボン、ロングスカート風の袴を下に履いています。お洒落ですね〜 (右)明治39年の幼女。ナース帽をかぶって看護婦さん気分。

PA280049.jpg
(左上)大きなリボンが可愛い明治42年の少女。七五三の記念写真。(右上)大正時代の少女姉妹。(左下)大正時代の家族写真。(右下)旭日旗を手にした姉妹。大正時代。

PB140003.jpg
(左上)紙風船、お人形を手にした少女。大正時代。(右上)高橋是清のお孫さん一同。昭和2年。当時高橋是清は田中義一内閣の大蔵大臣でした。(左下)戯曲家の金子洋文と娘の螢子。(右下)明治時代の海軍軍人一家の写真。

PB140011.jpg
(左)明治43年のおかっぱエプロン幼女と赤ちゃん。(右)海軍服の少年と、可愛いリボンの着物少女。大正時代。
タグ:少女 古本
posted by 八竹釣月 at 17:07| Comment(6) | 古本
この記事へのコメント
こういう昔の写真の少女の美を愛でることは、今はもう消えてしまってるはずの光を見ているということで、天体観測と通じるところがあります。地球からかなり近いところにあるベテルギウスですら、我々の眼に光が届く640年の間に消えてしまっている可能性があるそうで。
むかーしあったロリコンサイトのタイトルで「少女の残光」というものがありましたが、この言葉はうまくそれを表してるように思います。どれだけ今のジュニアアイドルや今日すれ違った少女が可愛くとも、私は20世紀の少女達の残像を追い求めてしまいます。
Posted by スカイエイプ at 2012年11月17日 23:07
レトロ少女と天体観測のアナロジー、ポエティックでいいですね〜^^
宇宙というとどこかSF的というか未来的なイメージがありますが、実際に天体観測は一種の視覚的タイムトラベルで、星空というのは過去の残像が空に散りばめられた織物のようですね。

>20世紀の少女達の残像
過ぎ去った時間に幽閉された少女が、今は無き衣装や場の空気に抱擁されて印画紙に縫い閉じられている様は幻惑的ですね。かつて実在した少女でありながら、「その時」以外のどの時間にも実在しない少女でもあり、時を積み重ねるごとに「少女」そのものの象徴的な偶像としての神秘性を増してゆくかのようでもありますね。
Posted by イヒ太郎 at 2012年11月18日 06:54
初めまして
私は明治時代の七五三の髪型を探していてこちらへたどり着きました。

こちらのコメントでは何やら女性に対しての見方が主体になっているみたいですが私は違うものを感じ取りました。

時代が生み出す”生きる本来の力”ですね

今は子供時代になくなる事も少ない世の中ですが明治の前の天保の大飢饉からも分る様に生きていく事が今のよの中では考えれない程貴重な時代です

背負っているものそして国の構えなどひしひしと感じますね

海外に行って思いましたが外国ではある意味場所によっては死と隣り合わせで毎日が生きるのに必死になりました

日本はどうでしょう。
今は働かなくてもある程度食べていけるし
その辺買い物へ行っても危険は非常に少ないし

稼ごうと思えば稼げて
食べるものの質はさておおき有り余っている

昔の写真は何だかすごく精神力の強さや思想を感じました
Posted by しん at 2014年11月09日 19:44
しんさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
たしかに、日本にずっと住んでいるとピンときませんが、
ほとんどの日本人が毎日の食べるものに困らなくなったのは、良く考えてみればまだ百年にも満たない最近の事ですね。
コンビニやスーパーをのぞくたびに、賞味期限が近づいただけで処分されてしまう食べ物も相当な量になるんだろうなぁ、と思う事もありました。
しかし、さらに考えてみれば、明治大正昭和と激動の時代を生き抜いてきたご先祖様たちの想いは、まさしく現在のような「子や孫の世代がひもじい思いをせずにすむ日本」を強く願っていたに違いありません。
以前は「飽食の時代」と罪悪感を抱くことも多少ありましたが、おっしゃるように世界を見渡せばそれは贅沢な悩みでしかありませんね。
日々食べるものに煩うことのない安全で豊かな世の中を作ってくださった先人たちの尽力に感謝を忘れないようにしようと思います。
Posted by イヒ太郎 at 2014年11月11日 02:18
昭和の少女よりも
明治 大正の少女の方がカワイイ目がハート
Posted by at 2016年09月22日 22:25
コメントありがとうございます^^
明治の少女といえば、昨年お亡くなりになった世界最長寿のギネス記録を持っていた大川ミサヲさん(享年117歳)の、少女時代のものとネットで噂されている写真を見かけました。
これがまた凄い美少女です。

大川ミサヲさんの少女時代と噂されている画像
http://fractal-ihi.sakura.ne.jp/sblo_files/fractal-ihi/image/160924_sisters.jpg

姉妹の写真ですが、左の美少女のほうがミサヲさんだとする記事をよく見かけますが、ミサヲさんは四女なので左の子だとする説があります。しかし、この写真とミサヲさんを関連づける確実なソースは見当たらず、この写真自体ミサヲさんとなんの関係もない可能性もありそうです。
Posted by イヒ太郎 at 2016年09月24日 17:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: