2012年11月04日

神田古本まつり行ってきました

第53回・神田古本まつりに行ってきました。1週間の開催のうち二日目の日曜と昨日の最終日の二回足を向けました。悩んでいるうちに売り切れてしまった田河水泡の処女作品集『漫画の缶詰』が名残惜しいです。田河水泡といえば『のらくろ』ですが、私はのらくろよりも初期のアーティスティックでデザイン感覚溢れる作品に惹かれます。よく手塚治虫が現代漫画の基礎を築いたという見方をされますが、手塚以前の漫画には現代漫画には無くなってしまった多様なアイデアが溢れていて逆に秀でている部分も少なくないですね。こうした手塚以前の漫画の多様なフォーマットはメジャーな漫画よりも佐々木マキや赤瀬川原平や吉田光彦など、ガロ系の作家の実験的な作品を彷彿とするところがあって楽しいですね。

Jin_PB030053.jpg
第53回ということは、もう半世紀も続いてるんですね〜 開催期間の前半は空模様が怪しかったですが、今回もあいかわらず人が多かったです。デジタルな時代ですが、日本人の本好きはまだまだたくさんいるんでしょうね。出版不況どころか今では世界的な不況に突入していて不景気な話ばかりの昨今ですが、ネガティブな時代の空気に負けずに出版社も愛書家を唸らせる面白い本をいっぱい出してほしいですね。

Jin_PB040001.jpg
画像は今回の戦利品の一部です。

PB040002.jpg
(上)『テストえほん』小学館 昭和30年(下)『おあそび』小学館 昭和29年
昭和30〜40年代の絵本は写実的なタッチの風流な絵が多いですね。

PB040009.jpg
『真夏のホームドレスと外出着』昭和31年
右のおしゃまな少女は渡辺典子とクレジットされていて、一瞬あの女優の子供時代かと思いましたが、この雑誌は彼女の生まれる10年前のものなのでたんなる同姓同名のようです。

PB040011.jpg
PB040013.jpg
同上のカラーグラビアページ。古い出版物特有のレトロな色味がいいですね。

PB040015.jpg
同上のモノクロページ。
posted by 八竹彗月 at 20:10| Comment(4) | 古本
この記事へのコメント
こないだ明治大正のお話をしましたが、こういうのは思いっきり昭和の香りがしますね^^
R.O.D -READ OR DIE-というアニメがありまして、元はライトノベルらしいのですが、そのテレビ版アニメでは神保町が英国によって徹底的に潰されるという展開です。
田川水泡惜しいことしましたね〜〜
自分はのらくろ好きなので比較的普通の水泡ファンですw
Posted by dekoya at 2012年11月07日 23:16
明治大正というとかなり現代と違った部分が多いので異世界のような感じですが、昭和は身近な感じですよね^^
一口に昭和といっても、後半はほとんど平成と変わらないですが、昭和元年〜20年あたりは、大正ロマンな雰囲気も残っていますし、昭和20〜30年代はいわゆる典型的な昭和レトロ、昭和40〜50年代はフォークと前衛芸術やアングラ演劇とサイケな若者文化が面白い時代で、日本文化の新しい一面が花開いた時代ですね。

R.O.Dは神保町が舞台になるシーンが出てきたり、OVA、TV版ともに読書マニアの少女が主人公になっていることもあり、私も大好きな作品です^^
ビブリオマニアを自称するキャラのわりに、ラノベ好きだったり、あまり書物に関する蘊蓄が少ないのがちょっと残念ですが、前衛的ながらも娯楽のツボを押さえたストーリーテリングの上手さはlainに匹敵する傑作ですね。
読子が主人公のOVAは内容も好きですが、OPのインスト曲がめちゃくちゃカッコイイですね。TV版は凝った構成とアクションの面白さが素晴らしく、とくに第1話の完成度はとてつもなく素晴らしい出来で感動しました。
神保町には街を代表する『神田古書センター』がそびえていますが、この実在するビルの地下に怪しいレア古書を扱う架空の店が描かれていて、そういう描写も大好きです^^
古い絵本を蒐集するようになってからは、神保町に行く時はこの神田古書センターに店を構える『みわ書房』さんを必ずチェックしています。ネット通販もしている店ですが、登録されてないレアな絵本が店にはけっこうあります。
Posted by イヒ太郎 at 2012年11月08日 22:49
R.O.Dご存じでしたか!さすがです☆
文学マニアではありませんが私もあのアニメはかなり好きです^^
テーマ曲もカッコイイしOVA第一話のジャズィーでゴージャスなED曲「書を愛して狂う者曰く、"紙は常に我らと共に"」ってのも大好きありんす♪
奇しくもスカパーでTV版をやっていて佳境に入ってきたところです。2回目ですけど録画して毎回見てますw

ホントに昭和ってのは激動の時代でしたね、大戦もあり戦後の躍進もありバブルもあり…
黒澤明が活躍したのもビートルズが活躍したのも昭和ですしね。
あまり関係ありませんが昭和天皇、敬愛しておりますw
そろそろ朝の気温も10度を下回るようになってきたのでお体に気をつけて冬をお迎えください^^
Posted by dekoya at 2012年11月08日 23:40
お心遣いありがとうございます^^
もう店頭では年賀はがきが売りはじめられ、もう2012年も残りわずかなのだなぁという気持ちになりますね。来年はもっと世相が明るくなる事を願ってやみません。

R.O.D.は文芸少女とバイオレンスアクションという対極のテーマが見事に融合していてすごく面白い作品になってますよね〜^^
紙使い師という存在が、魔法少女ではなく、ある種の超能力っぽく描かれているのも、物語に一定のリアリズムをもたらしていて秀逸ですね。

昭和天皇はどこかユーモラスな飄々としたお人柄で、まさしく昭和らしい昭和天皇でしたね。身を捨てて国民を守ろうとした発言にマッカーサーも心が打ち震えるほど感銘を受けたという逸話が有名ですが、天皇というのは心の奥底まで天皇なんだな〜と思わせる話ですね。私は勇ましいヒゲが魅力の明治天皇がカッコイイな〜と思ってます。明治天皇もまた、日本の躍進と立て続いた大戦の武勇を象徴するかのような感じ風貌ですが、他にも、教育勅語という日本人が日本人たることの規範を示され、文人としてのリーダーシップにも秀でたお方だな〜と感じます。
Posted by イヒ太郎 at 2012年11月11日 14:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: