2019年10月02日

【音楽】ノンジャンルでレトロで気持ちいい曲集

ボサノヴァからイタリアンラウンジまで、最近よく聴いているレトロ感のある曲をとりとめもなく選んでみました。
191002-music.jpg


るんるんCombustible Edison「Vertigogo」
コンバスティブル・エディソンは1991〜1999年に活動した米国のバンド。この曲はタランティーノが制作にかかわった映画『フォールームス(Four Rooms)』のサントラ曲で、このバンドの最も有名な一曲です。日本でもCMとか何かのBGMなどで耳にしたことのある曲だと思いますが、なんといってもユニークなのは、この曲の意味ありげな歌詞はどこの国の言葉でもない風変わりな一種のスキャットで構成されているところです。キャッチーなテイストのわりにほとんどダダイズムなナンセンスな歌詞というのがシビレます。曲名「Vertigogo(めまい)」というのも秀逸なネーミングですね。そういった意味不明な歌詞のせいでアカデミー賞の検討に上るも最終的に外されてしまったそうで、可哀想な気もしますが逆にそういう逸話もパンクな感じでなんかかっこいいですね。この曲だけの一発屋では収まらない魅力のあるバンドで、以前の記事でも触れたアルバム「Schizophonic!」(1996年)からの曲とか、キャッチーさの中にアヴァンギャルド風味な独特の個性的な側面があって、なにげにクセになるバンドです。

メモ関連サイト
Combustible Edison「Vertigogo」歌詞



るんるんFrancesco De Masi「Altalena Party」
60年代イタリア映画音楽の気持ちいいレトロ感に浸れる逸品です。フランチェスコ・デ・マージ(1930-2005)はイタリアの映画音楽の作曲家。



るんるんSarah Vaughan「I'm Gonna Live Till I Die」
「I'm Gonna Live Till I Die」は1954年にジャズシンガー、フランク・シナトラによって最初に歌われた曲のようですが、このテンポのいいパワフルな感じの曲は個人的に黒人女性歌手と相性が良いイメージがあり、このサラ・ヴォーンの歌唱とかパンチが効いていてカッコいいですね。歌詞も「泣く替わりに笑ってやる!死ぬまで生きて、生きて、生きまくってやる!」という感じの長渕剛テイストな前向きで力強いメッセージが心を揺さぶります。



るんるんMel Torme「Games People Play」
セクシーでシブいおじさまの魅力がたまらないメル・トーメの曲です。出だしのベースも超カッコイイですね〜 この曲でメル・トーメのダンディな歌唱を引き立てている気になるベーシストは1960〜70年代に主に活躍し、現在まで1万曲以上のレコーディングに参加したという女性のセッション・ミュージシャン、キャロル・ケイ(Carol Kaye 1935〜)、彼女のベースをフィーチャーした以下の曲とかもとてもカッコいいですね。

るんるんCarol Kaye「Boogaloo」
るんるんCarol Kaye「Slick Cat」

メモ関連サイト
キャロル・ケイ(ウィキペディア)



るんるんDon Costa「Up, Up And Away」
ジャズ系の音楽家、ドン・コスタ(1925-1983)によるフィフス・ディメンションのヒット曲「Up, Up And Away」のカバー。ベースを効かせた壮快でかっこいいアレンジが素敵です。



るんるんHenry Mancini「Baby Elephant Walk」
るんるんDon Costa「Baby Elephant Walk」
多分聴けば多くの人がなんとなく聴いたことがある「Baby Elephant Walk(子象の行進)」です。オリジナルは1961年に映画音楽のためにヘンリー・マシーニによって作曲された曲で、どことなく吉本新喜劇のテーマとしても知られるピー・ウィー・ハント(Pee Wee Hunt)の名曲「Somebody Stole My Gal 」に通じるような天真爛漫な感じの陽気な楽曲ですね。ついでに次の曲は同じくドン・コスタによるカバーですが、気持ちグルーヴィーなアレンジになっていてこちらもいい感じです。こういう曲を聴いてるといつしか浮き世の悩みなど馬鹿馬鹿しく思えてきます。



るんるんJerry Lee & Linda Gail Lewis「Don't Take It Out On Me」
アメリカの歌手、ジェリー・リー・ルイス(1935〜)とリンダ・ゲイル・ルイス(1947〜)による1969年発表のアルバム「Together」に収録のカントリー調の気持ちいい曲です。爽やかなコーラスに癒されますね〜



るんるんVera Brasil「Tema do Boneco de Palha」
るんるんVera Brasil「Samba Bom」
ノスタルジックなボサノヴァがムーディーです。口笛とかフルートとか、レトロ感のあるアレンジがたまりません。ベラ・ブラジル(1932-2012)はブラジルのシンガーソングライター。
タグ:音楽 洋楽
posted by 八竹彗月 at 23:24| Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: