2019年02月21日

【音楽】郷愁の60年代ミュージックフェア

深夜のコーヒーブレイクに合いそうな60年代前後のパラダイスな感じの洋楽のレトロサウンドを選んでみました。



るんるんMel Torme「Puttin' On The Ritz」
るんるんKenny Ball and his Jazzmen「Puttin' on the Ritz」
「Puttin' on the Ritz(踊るリッツの夜)」は、たまに無性に聴きたくなる曲のひとつです。80年代にTACOが歌って大ヒットしましたが、元は1930年に作られたミュージカルの楽曲だそうで、TACOの曲はそのカバーです。私もTACOのカバーで知ったクチですが、この曲もいろいろなアーティストがカバーしていて、とくに大好きなのはメル・トーメの超シブいカバーです。またインストではケニー・ボールのハイテンポでグルーヴィーなジャズアレンジも大プッシュです!「踊るリッツの夜」は、陽気な中に何かミステリアスな雰囲気があって惹かれますね。メロディは全然違いますが「ホテル・カルフォルニア」に通じる不思議な余韻がたまりません。歌詞自体は、「憂鬱な気分で何をしたらいいか迷っているなら、いっそのこと思いっきりお洒落してリッツ(英国にある超高級ホテル)でパーッと遊びまくろうぜ!」という感じで、とくに妖しいものではないのですが、やはりTACOのPVの怪し気な印象の影響でしょうか。



るんるんDamita Jo「I'll Save The Last Dance For You」
邦題は「ラストダンスは私に」です。越路吹雪のカバーなどで日本でもお馴染みの懐メロですね。オリジナルはドリフターズ(全員集合のほうではなく、米国のコーラスグループのほう)の楽曲で、リンク先はダミタ・ジョーによるカバーです。越路吹雪のイメージで、てっきりエディット・ピアフとかのシャンソンがオリジナルかとずっと思ってましたが、ドリフターズのオリジナルを聴くと当たり前ですがちゃんと60sアメリカ音楽っぽくて逆に新鮮です。



るんるんThe Three Suns「A Summer Place」
るんるんThe Ventures「A Summer Place」
1940〜60年代に活躍した米国のバンド、ザ・スリー・サンズによる、映画「避暑地の出来事(A Summer Place)」のテーマ曲のカバーです。お馴染みの映画音楽の定番曲で、心地いい郷愁感に浸れる名曲ですが、映画のほうは未見です。パーシー・フェイス・オーケストラのバージョンが有名ですが、スリー・サンズのヴィンテージ感あふれるアレンジもなかなかに雰囲気あって素敵です。ベンチャーズのカバーもトロピカル感がハマっていてこちらもイカス!



るんるんJulie London「Evenin'」
るんるんJulie London「You'd Be So Nice To Come Home To」
ジュリー・ロンドン(1926-2000)は米国の女優、シンガー。「You'd Be So Nice To Come Home To(帰ってくれれば嬉しいわ)」や「クライ・ミー・ア・リヴァー」などが主なヒット曲ですが、お気に入りのアルバム「Send for Me」に収録されている「Evenin'」など、モンド感のあるセクシーな感じの曲も素敵ですね。



るんるんSkeeter Davis「Dear Heart」
るんるんSkeeter Davis「Fly Me To The Moon (In Other Words)」
スキータ・デイヴィスといえば永遠の名曲「The End of The World(この世の果てまで)」のイメージですが、たまたまスタンダード曲のカバー集を聴いてたらこちらもけっこういい感じでグッときました。フランス・ギャルの歌唱のようなあどけない感じの少女っぽさがあって可愛いですね。



るんるんThe Four Lads「Grandfather's Clock」
ザ・フォア・ラッズは1950〜60年代に活躍した4人組のカナダのコーラスグループ。曲は童謡としても親しまれている「大きな古時計」です。オリジナルは米国のヘンリー・クレイ・ワークが作詞作曲した1876年の大ヒット曲だそうで、そういえば平井堅のカバーでもこの前ヒットしてましたね。といいつつ、平井バージョンがヒットしたのは2002年のようですから、もう17年も前になるんですね。時の経つの早過ぎ!日本でも馴染みの曲ですが、日本語バージョンは原曲といくつか相違点があり、とくに印象的なのは曲中の百歳のおじいさんは原曲では90歳です。たしかに「百年休まずにチクタクチクタク」の部分は「90 years without slumbering,Tick, tock, tick, tock,」と歌ってますね。wikiよると、これは単純に日本語で訳した場合に百年のほうが曲に乗せやすいからという理由のようです。たしかに「90年休まずに〜」では語呂が悪いですね。

メモ関連サイト
「大きな古時計」英語&日本語歌詞

190221-Kay Lovelace Smith.jpg
画・ケイ・スミス(Kay Lovelace Smith 1923~) 60年代の米国の絵本「Beginner's Bookshelf」第1巻より
posted by 八竹彗月 at 02:46| Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: