2017年09月26日

古本散策日記

170926_book.jpg
先週から古本市などで手に入れた本を適当にご紹介します。適度に離れた距離に古書会館があり、毎週のように近隣の古書店が複数参加しての古本市を開催していて、散歩がてらいい気分転換になっていますが、だいたいソコで良さげなものが見つかるので最近はあまり遠出して古本市に出かけることは無くて、近場の古本市や古書店に行く事が多いですね。古書会館で催される古本市は、デパートなどで開催される古本市より場所代が安いためか、平均してかなり安価で売られているのも魅力です。古書会館に足を運ぶようなマニア濃度が高そうな客層を意識してか、安いだけでなく、レア度もそれなりに高いものをよく目にします。今回ご紹介するのは、とくにレアなものではないですが、こうして集めた本をあらためて見てみると、最近自分の関心のあるテーマが何なのかが客観的に確認できて面白いです。




中国の好色美術『春宮画』の魅力

170926_china_01.jpg
『YUN YU , ÉSSAI SUR L'ÉROTISME ET L'AMOUR DANS LA CHINE ANCIENNE』Nagel社 1969年

世界の好色美術を紹介する大型美術本のシリーズの中の一冊で、これは中国の好色美術をテーマにした画集です。シリーズには、中国のほかにインド、アラビア、ローマ、ギリシャ、アフリカ、そして日本の春画を紹介した本も出ています。世界の好色美術の中でもここ最近は中国の春画が気に入っていて、そうした本もすでに何冊も持っているのですが、まだ見た事の無い図版がいくつも紹介されてたのでゲットしました。

フランス語の本なのでフランスで出版された本かと思いきや、スイスのジュネーブにある出版社から出されたもののようです。スイスはドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語の4つを公用語とする国ですが、6割以上はドイツ語で他は少数派みたいですね。

日本の、主に江戸期に流行った好色絵画を一般に春画と呼びますが、この言葉も元は桃山時代に中国から伝わった春宮秘戯図(春宮画)が語源だという説があります。日本の春画は庶民文化が花開いた江戸時代に作られたために、庶民の性生活がモチーフになっているものが多いですが、中国の春宮画は宮廷生活を背景にしたブルジョワ感ただよう華美なものが中心で、そうした違いも見てて楽しいです。春宮画に限らず、中国美術に頻出するモチーフ、芭蕉の木、主に太湖石などの奇石、幾何パターンの中華模様などがエキゾチックなパラダイス感を醸し出していてなんともいえない魅力があります。

170926_china_02.jpg

170926_china_03.jpg

170926_china_04.jpg

170926_china_05.jpg
(上)芭蕉の木が南国っぽい情緒を醸し出していて不思議な楽園感覚がありますね。(下)西洋にもこうした歪み絵(アナモルフィックアート)の伝統がありますが、中国でもこういう絵が描かれてたんですね。

メモ参考サイト
現代の美術家によるアナモルフィックアート(「ラビトーク!」様)




かな草書に憧れて

170926_kana.jpg
『書体字典 かな編』野ばら社 1965年

かな草書の勉強に、と思って手に入れました。同じ字でも書家によって崩し方は実に多様ですね。バランスを良くするためや、リズム感をつけるため、また次に続く文字と繋げやすくするために、例えば「も」だったら「毛」だけでなく「母」を崩した「も」を使う場合もあり、とても感覚的で奥が深いです。現行の仮名の変わりに、変体仮名を使ったりすると玄人っぽくてかっこいいですよね。




仙人の性生活

170926_oriental_sexology.jpg
『世界性学全集13 東洋性典集』性問題研究会編 河出書房新社 1958年

世界の性学(Sexlogy)を集めたシリーズの13巻目。他の巻はフロイトをはじめとした西洋の性学で東洋の文献を紹介しているのはこの巻のみです。古本市の書架でこの本をパラパラとめくってたら、老子がこう言ったとか、彭祖(ほうそ。荘子などに登場する超長寿の仙人)がああ言ったなどという文が出てくるので、てっきり中国の房中術関係の文献集かな、とおもってゲットしたのですが、収録されている文献は主に江戸期に日本で書かれたもので、中国の房中術(道教の性技術)や養生術(道教の健康法)関連の古典を編纂したり解説した本を紹介しているものでした。まぁ、当たらずとも遠からずで、けっこう興味深い文献が多く紹介されていて面白いです。

中国の性学、とくに道教系の、仙術に関するテクニックに房中術というのがあって、かつて諸星大二郎の短編『桃源記』にも言及がありましたが、これは大まかに言うとセックス健康法みたいなものです。仙人になるための性行為という視点なので、いわばセックスで超人になる術という、壮大なロマンを感じるテクニックが開発されていてすごいです。仙人というと眉唾なイメージで捉えられがちですが、古代中国の房中術は、古代インドのタントラと並んで、現代の西洋でもエナジーオーガズムとかマルティプルオーガズムなどに取り込まれ、性テクニックを超えた、ある種の覚醒を伴うスピリチュアルな側面もある性の技術として見直されてきてます。よくオナ禁すると健康や運勢にものすごい効果があるという俗説をネットで見かけることがありますが、古代中国の仙人が行っていたのもそれと似ていて、男性であれば、とくに40歳を越えたら1滴も精液を漏らしてはいけない、とされています。仙人のセックスは一言でいうと「接して漏らさず」で、これは、性交しても精液を漏らすべからず、という意味です。むしろ、精を出すのではなく、男性器の精管から女性の生命エネルギーを吸い取るような術もあるようで、まさに仙人というのは東洋の魔術師のような存在ですね。

この男女の性生活における正しい方法は、きわめて容易でありながら、人はその方法を知らない。その方法とは、一夜に十人の女と関係しても、一回も(精液を)漏らさないだけである。これができるようになると正しい性生活の方法は卒業である。以上述べたことの他に薬餌(やくじ)をたやさず使うようにするのである。そうすれば気力は盛んになり知恵は日々発達していくであろう。しかもこの方法は神仙になる術にほかならないのである。

『東洋性典集』 医心方巻第二八(房内) p20


このような「接して漏らさず」的な言及は中国の房中術の根幹にある教えのようで、他の文献でもたびたび言及されていますね。上記の引用は『東洋性典集』に収録されている日本最古の医書、『医心方』からの抜粋です。982年に書かれたもので、著者は鍼博士丹波宿禰康頼(はりはかせたにはのすくねやすより)、康頼は中国からの帰化人のようです。隋、唐の膨大な医学書を編纂した本のようで、仙人になるための健康法や性技術などが書かれていて、なかなか興味深い文献です。黄帝(紀元前2500年頃に中国を統一した皇帝)が彭祖素女などの仙人に教えを請う中で、様々な性技術や健康法などが解説されていくような部分もあり、読物としても面白いです。他にも呪術的なノリに満ちた東洋性学の面白い文献をたくさん紹介してあるので、また何か発見があれば追々ご紹介していこうと思います。

メモ参考サイト
マルチプル・オーガズム開発法(◆i880BAKAok様)
仙道やタントラなどの秘術を取り入れつつ現代風にアレンジした異次元の性感を得るためのノウハウ。エロも正しく極めれば悟りのような覚醒の境地に誘う有効な術になりそうですね。この手の内容の本は古書相場が高騰していて入手しずらいこともあり、こうした情報が手軽に得られるのはありがたいことです。このサイトは未翻訳の洋書からの翻訳のようなので、ここでしか読めない情報が盛りだくさんで凄いです。運営者様に感謝ですね。




オカルト界の巨星、ルドルフ・シュタイナー

170926_Rudolf_Steiner.jpg
『シュタイナー思想入門』西川隆範著 白馬書房 1987年 

ルドルフ・シュタイナーといえば、西洋のオカルティストの中でもつとに有名な重要人物で、オカルティズムという、どこか日陰のイメージのあるジャンルを飛び越え、教育思想など実践的なアプローチでも有名で、現実教育に霊性を育むことの重要性をうったえ、今もその教育方針を実践する学校も存在していますね。精神面を重視した学校というと、一般には宗教系の学校が多いですが、教条主義を超えて自由に霊性を伸ばす教育を目指したシュタイナーの思想は注目すべきものがあります。

この本は、教育思想ではなく、シュタイナー本来の独特の神秘思想を解説する内容になっています。シュタイナーの神秘思想は、けっこう難解なので、かみくだいた内容の本が欲しかったところだったので入手しました。シュタイナーだけでなく、現近代のオカルティストは、グルジェフにしろ、ブラヴァッキー夫人にしろ、難解な思想を持った人物が多い印象があります。シュタイナーの「アカシャ年代記」の思想など、人間の霊性の進化を土星や金星などの遊星に当てはめて解釈しているのですが、遊星と人間の精神を結びつけることにどういう意味があるのか、とか、とまどうところがあったので、そのあたりを理解したかったのが手に入れた理由です。グルジェフも同じく惑星を関連づけたオカルト思想を唱えたりしてましたが、こういうのはやはり何か、高い精神のレベルで見えてくるような特殊な世界観なのでしょうね。

メモ参考サイト
シュタイナー教育(ウィキペディア)




基本から覚えるヨガ

170926_yoga.jpg
『一億人のヨーガ』番場一雄著 人文書院 1988年

ヨガナンダの影響で、インド思想にハマってきているというのもあり、インドといえばやはりヨガを押さえておくべきだろうということでゲット。基本的なところから解説している感じの本で、健康法としてのヨガだけでなく、インド思想の中で捉える本質的な、ヨガとは何ぞやみたいな部分の解説も興味深いです。番場一雄先生はNHKの教育番組でもヨガの講師として出演していたみたいで、YouTubeなどで当時の番組の一部が見れます。

170926_yoga2.jpg
人体におけるチャクラの位置

この本はヨガの一般書として書かれているので、オカルティックな側面は詳しく書かれていませんが、人間の身体は肉体だけでなく、霊的なボディが幾層も重なっているという思想がヨガにはあります。肉体の他に幽体(アストラル・ボディ)やコーザル体など、いくつかの霊的な身体を纏っているという考えがあります。これは中国の仙道にも同じ思想はありますし、西洋の神秘学でもルドルフ・シュタイナーなど何人か同様の指摘をする神秘家がいます。霊的なボディには霊的な器官が具わっており、よく耳にするチャクラというのもそうした霊的な身体器官です。最近そのチャクラを活性化することに興味がわいてきてるので、そうしたこともあって基本からヨガを知ろうと思った次第です。




古代ローマの驚異!

170926_marvels_of_ancient_rome_01.jpg
『Marvels of Ancient Rome』Giacomo Lauro画 Regione Lazio発行 1992年

170926_marvels_of_ancient_rome_02.jpg

170926_marvels_of_ancient_rome_03.jpg

170926_marvels_of_ancient_rome_04.jpg

170926_marvels_of_ancient_rome_05.jpg

イタリアで発行された『古代ローマの驚異』と題するジャコモ・ラウロ(1584-1637年)というイタリア人画家による版画集の復刻です。絶妙にパースやデッサンが狂っているところが逆にシュール感を増していて、キルヒャーの版画を見てるような怪しい雰囲気がたまりません。詳細はわかりませんが、おそらく普通に古代ローマの文化を想像力豊かに描いたものなのでしょうが、当時の時代の空気なのか、ジョルジオ・デ・キリコの絵に出てきそうな怪し気な雰囲気をただよわせているのがイイですね。ネットで詳細を調べていたら、なんとこの画集の1641年発行の当時のオリジナルらしきものが高解像度でアップされてましたのでリンクを貼っておきます。古代ローマの不思議世界をご堪能あれ。

メモ参考サイト
『Marvels of Ancient Rome』Giacomo Lauro(ハーバード美術館提供)
posted by 八竹彗月 at 22:05| Comment(0) | 古本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: