2017年02月26日

篆書(てんしょ)の魅力

版画用ビニール板で自作落款(らっかん)作りにハマっているところですが、またあれからいくつか彫ったので写真を撮ってみました。このような、名前や雅号などの署名的な意味から外れた趣味的なハンコは遊印(ゆういん)ともいうようですね。

170226_hanko_astral.jpg
篆書体で「星体遊戯」と彫ってます。星体とはオカルティズムでいうところのアストラル・ボディのことです。幽体離脱などで言われる「幽体」のこと、といったほうが解りやすいでしょうか。これは人形師の吉田良一さんの初期作品集のタイトルからの引用なのですが、「幽体」ではなく「星体」というところが洒落てますよね。アストラル (Astral) とは、「星の」「星のような」「星からの」「星の世界の」などを意味するようなので、むしろ「星体」という単語のほうが正確なのでしょうが、「天体」の意味との誤用を避けるためにオカルティズムでは幽体のほうを使用しているのでしょうね。

170226_hanko_hokuto.jpg
篆書体の「北斗七星」に柄杓型の星の配置図を入れてみました。

趣味というのは、最初はいい加減な気分で遊び半分で気軽に手を付けつつも、いつのまにか本気でハマっていく、というケースが多いですが、もしかするとこのハンコ作りも新たな趣味になりそうな気がしてきました。

170226_hanko_01.jpg

170226_hanko_02.jpg
本腰を入れてシャチハタのスタンプ台を導入しました!さすが百均のスタンプ台よりきれいな印字です。何度か試印して版面の油分が取れてインク馴染みが良くなればもっときれいに印字できるようになるかもしれません。

170226_hanko_03.jpg
(左上)版画用ビニール板。(右上)百均にハンコの持ち手にちょうどいいサイズにカットされたウッドブロックがありました。(下)なにげに自作ハンコも数が増えてきたので木箱にしまっています。

ハンコの白くしたい部分は、白抜き文字なら問題ないのですが、白地の面積が多いデザインの場合、デザインカッターだけではカットしていくのが難しいので、思いきってパワーグリップシリーズの1.5ミリ丸と3ミリ丸の彫刻刀を思いきって買ってみました。さすが切れ味がよく、小気味良くカットしてくれるのでスムーズに彫れるようになり、また一段と落款作りが楽しくなってきました。

170226_hanko_ten1.jpg
『篆刻字林』服部畊石・編 三圭社 昭和23年(1948年)
昨日古本市で見つけた篆書体辞典です。

170226_hanko_ten2.jpg
先日の記事でご紹介した篆書体辞典は書道などで書かれる標準的な篆書体なのですが、こちらの辞典には、標準形のほかに印鑑用に整えられた篆書体「印篆(いんてん)」や、金石文字などの古代文字まで併記されていて、ハンコの図案の参考にすごく役立ちそうなのでゲットしました。

170226_hanko_ten3.jpg
「田」のところなど面白いですね。なんか「田≠チぽいことが雰囲気で通じればなんでもアリ」な感じでイイですね〜

170226_hanko_ten4.jpg
「山」の印篆はなんと15もの異字体が紹介されています。先日「福」の異字体を百種類書く書道のモチーフ『百福図』についてちょっと触れましたが、漢字って奥が深過ぎます。ただでさえ文字数の多い漢字ですが、さらに個別の文字にも異字体がてんこ盛りというのが面白いですね〜

170226_hanko_ten5.jpg
「山」の印篆が載っている箇所の拡大。いくつかは「山」と判別できますが、中にはこうした辞典で調べない限り判読不可能な異字体もありますね。

現代使われている印篆は中国の漢の時代に成立したものだそうで、印篆もまた紀元前から伝わる伝統的な文字のようです。ちなみに印篆はハンコ用に整えた篆書体なので、基本的にすべての漢字が正方形に収まるような形に整形されています。たしか、ハンコの天地左右にまんべんなく埋めるためにこのような書体になっているというのを何かで読んだことがあります。ハンコの四隅のどこかに空きがあると気≠ェ滞るから、という理由だった気がします。印篆にはそうした易学的な意味があるみたいで、そうしたところもますます魅力を感じます。

posted by 八竹釣月 at 03:04| Comment(0) | 創作
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: