2016年09月24日

【音楽】フレンチポップ集

ふと聴きたくなったレトロなフレンチポップをいくつか選んでみました。

るんるんMichèle Richard「Dou Da Dou」
ロマンチックなスキャットコーラスがムーディーで素敵です。心地よい幻想の異空間に誘(いざな)われるような曲ですね。1971年の曲のようです。60〜70年代の超レアなフレンチポップを集めた2005年発売のコンピレーション「Dou Da Dou (The Unlimited French Lost Catalogue)」で知った曲です。レアなうえに名曲揃いのコンピなのですが、中でもこの曲がとくに好きです。不思議な異世界に連れて行かれるようなムーディーな雰囲気が素晴らしい。

るんるんFrance Gall「Zozoï」
「夢見るシャンソン人形」などで知られるフランスギャルの曲です。主に活躍していたフィリップスからの移籍後の曲だからか、普通のベスト盤には収録されてないレア曲のようです。これも上記のコンピレーション「Dou Da Dou」で知った曲です。ブラジリアンな感じで、ノリノリでカッコイイです。グルーヴ感あふれる演奏とフランス・ギャルの可愛らしい声、気持ちいいナンバーですね。それにしてもZozoiってどんな意味なんでしょうか?

るんるんMaryrene「Cette Fille N Est Rien Pour Lui」
いかにも60年代のフレンチポップらしい感じの曲。シリアスな雰囲気が途中から雲が晴れたように明るい曲調に変わるところがドラマチックで面白いです。

るんるんOlivia「Les Yeux Doux」
1966年のフレンチポップ。お洒落でユーモラスな雰囲気のラブソングです。

るんるんSophie Makhno & Colin Verdier「Obsessions 68」
演劇っぽい感じの不思議な風合いの曲です。ゴダールの映画にありそうな男女の哲学的な会話が歌詞になっていますね。

るんるんCharlotte Gainsbourg「Plus Doux Avec Moi」
るんるんCharlotte Gainsbourg「Ouvertures éclair」
シャルロットとデュエットしているおやじの声はもちろん実の父、巨匠セルジュ・ゲンズブールです。セルジュ・ゲンズブールが女性シンガーをプロデュースすると決まってこのようなセクシーな掠れ声になりますが、こうした個人的な演出のこだわりを貫くところも天才らしいワガママさを感じますね。日本においてもカヒミ・カリイをはじめ、昨今ではdaokoボンジュール鈴木など、ゲンズブール節も時代を超えて引き継がれる歌唱スタイルのひとつになってきている感じがします。

るんるんJane Birkin「Yesterday Yes A Day」
ジェーン・バーキンの1978年のヒット曲。アンニュイな歌唱とアコースティック・ギターの優しく包みこむような音色に癒されます。作詞作曲はセルジュ・ゲンズブール。英語の歌詞ですが、いつものセクシーな歌唱のせいかフレンチポップにしか聴こえないところが面白いです。

るんるんPetula Clark「Dans le temps (Downtown)」
ペトゥラ・クラークの1964年の大ヒット曲「恋のダウンタウン (Downtown)」。英語バージョンが有名ですがこれはフランス語バージョンです。

160924-cd.jpg
posted by 八竹釣月 at 23:19| Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: