2016年08月10日

宇宙旅行の夢 (1)

宇宙ロマンな本がたまってきたので、宇宙旅行をテーマに何回かシリーズ的に記事を書こうと思います。『世界画報』は国際的な時事ニュースを豊富な写真や図解で紹介するA4判サイズのグラフ誌で、古本市などではよく見かける部類の雑誌です。安価に出回っているワリには面白い写真も多く編集もユニークで、なによりディスプレイ映えするいい感じの表紙が多く、つい手に取ってしまいます。

160810-space-01.jpg
『世界画報 PICTORIAL WORLD』第27巻 第2号 国際情報社 1958年(昭和33年)

今回ご紹介する『世界画報』は、表紙のインパクトで選んだものですが、中身でも宇宙関連の記事があり、そちらもいっしょにご紹介していこうと思います。まずこの号の発行年は1958年というところに注目していただきたいです。宇宙旅行をテーマにした記事で、月面探索計画の記事などがありますが、この時代にはまだ人類は月へはおろか地球外にさえ抜け出てはいません。(人工衛星の打ち上げには前年、1957年にソ連のスプートニク1号、2号が成功しています)この年、1958年はちょうどアメリカ航空宇宙局(NASA)が設立した年です。この3年後にソ連のガガーリンが「地球は青かった」と言い、11年後にやっと米国のニール・アームストロングが月面に一歩を踏み出します。そうした時系列をふまえて見ていただくと、より面白みがあると思います。

米ソの宇宙開発競争は、冷戦の軍事的な緊張がもたらした功罪の「功」の面の代表的なものだと思います。両国はその互いへの軍事的脅威を言い訳にできたために、莫大な予算を必要とする宇宙開発という人類のロマンを前進させる原動力になっていました。振り返ってみれば、ネガティブな印象で語られることの多い冷戦時代も、人類史的には必要な段取りだったのかもしれませんね。

人類が初めて宇宙空間に出たのは、およそ半世紀前。1961年4月11日、世界初の有人宇宙飛行としてボストーク1号に単身搭乗したソビエト連邦の宇宙飛行士ガガーリンは、「地球は青かった」という宇宙から地球を見た感動を伝える名言でよく知られています。正確には、ガガーリンはそのような表現では語っていないそうですが、まぁ、おおむね地球が青く見えたことが印象的であったことは事実のようですね。

次いでアメリカも人類初の有人月面着陸計画(アポロ計画)を威信をかけて遂行します。1969年7月20日にアポロ11号がついに月面に着陸。人類がはじめて地球外天体へ踏み出した記念碑的な偉業でした。「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である。」船長のニール・アームストロングの有名な言葉ですが、まさにそのとおりですね。

オカルト好きには有名な「実は人類はまだ月に行ってはいない」とするアポロ計画陰謀論がありますが、ウィキペディアにアポロ陰謀論への反論が詳細に載っていて、それを読む限りは陰謀論は分が悪いように感じました。アポロ陰謀論は1977年のSF映画「サテリコン1」によって拡散したという印象がありますが、ウィキを見てみると、アポロ11号の着陸から早くも翌年1970年に我が国の作家、草川隆が『アポロは月へ行かなかった』というSF小説を書いているようですね。誇らしいような、そうでもないような、複雑なものを感じます。しかし、作家としては、かなりの先見の妙というべき着目だと思います。

迷信や宗教やオカルトなどを揶揄する時に、かつて「人類が月に行くような時代に」という言い回しがよくありましたが、それほどまでに、人類が月に行ったというニュースは社会にとって衝撃的で印象深いものだったのでしょう。人類は宇宙に出たことによって、「地球上の生命という意味での家族意識」のようなものに実感として目覚めた部分はあるのではないか、と推察します。

160810-space-02.jpg
「宇宙旅行へもう一歩 1」(『世界画報 PICTORIAL WORLD』第27巻 第2号より)
米ソ科学者の想像した宇宙旅行の夢をイラストでビジュアルに紹介していく記事。

160810-space-03.jpg

160810-space-04.jpg
「宇宙旅行へもう一歩 2」(『世界画報 PICTORIAL WORLD』第27巻 第3号より)

160810-space-05.jpg
宇宙船の丸い窓から見える地球。のっぺりした不気味な緑色の地球の図。地球を実際に人が外から見たことのない時代に描かれた想像上の地球という意味で見ると味わい深いですね。キャプションには「青白く輝く地球」とあるので、地球が外からは青く見えるとありますが、この記事の書かれる前年、1957年にソ連が人工衛星の打ち上げに成功しているので、地球が外からどう見えるのかは宇宙の最新情報として既知であったのでしょうね。メインの大きなイラストも、真っ赤なロケットが妖しく、不思議な気分になりますね。

160810-space-06.jpg
記事からも読み取れるように、この当時の宇宙開発はすでにソ連が米国よりも一歩進んでいました。アメリカの焦りに似た宇宙への情熱が見て取れますね。

当時米ソともに尋常でないほどの莫大な資金を宇宙開発につぎ込んでますが、もし冷戦がなかったら目に見えるうま味に乏しいバクチのような宇宙開発など議会の通過も難しいでしょうし、そもそも国民の納得も得られなかったのではないでしょうか。あの時代だからこそ出来たことなのでしょう。後から考えると歴史というのは実に精妙に動いているものだと感じます。

人類が地球という檻を抜け出してはじめて宇宙に出て、そこから地球を振り返ったとき、争いが絶えない牢獄だとばかり思っていた地球が、実は、そこでしか我々は生きることができない、かけがえのない楽園だったことにガガーリンやアームストロングたちの目を通して我々もリアリティをもって気づいたように思います。宇宙へ踏み出した一歩は、科学文明の飛躍の一歩であると同時に、人間精神のパラダイムシフトでもあったのだろう、と感じます。
タグ:宇宙 古本
posted by 八竹彗月 at 06:35| Comment(0) | 宇宙
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: