2016年05月31日

浪漫鉄道

電車血があつい鉄道ならば…

列車は「旅」の象徴であり、旅は「人生」の象徴であります。そういうイメージも手伝って、列車というのはいつもどこか叙情と哀愁を感じる乗物という印象があります。私は鉄道に詳しくはないので鉄道オタクを自称するレベルにはいないのですが、最近昔の汽車の写真を集めはじめていて、鉄道マニアの人の気持ちがなんとなくわかるような気がしてきました。そう鉄道とはロマンそのものなのです。

160601-sensei1930.jpg
戦前の児童雑誌『センセイ』(幼女の友社 昭和5年[1930年])より 

ちなみに、電車と汽車の違いですが、「電車」はパンタグラフと呼ばれる部分から上方に張られている架線から電力を受け取って走るタイプのことで、「汽車」とは主に「蒸気機関車」を指しますが「ディーゼル機関車」など電車以外の列車を含む総称でもある、ということです。また、電車というと、なんとなく電気機関車の略称のように思い込んでいたのですが、厳密には区別されている言葉のようで、普段何気なく使っている言葉も意外と一筋縄でいかないものですね。

メモ参考サイト 「鉄道豆知識」

160531-t-j01.jpg
860型 タンク機関車 1-B-1型 (明治26年[1893年] 製造:鉄道作業局神戸工場)国産1号機。英国人技師リチャード・フランシス・トレビシックの指導により我が国初の蒸気機関車が製造されました。

160531-t-j02.jpg
C51型加熱テンダー機関車のお召列車牽引 2-C-1型(大正8年[1919年] 製造:川崎車両、三菱造船など)C51型は扱いやすく、パワーもあり、よく走る、とても優秀な機関車だったそうで、旅客車両としてだけでなく、お召し列車(おめしれっしゃ=天皇、皇后、皇太后が使うために特別に運行される列車)にもしばしば使われたそうです。

160531-t-j03.jpg
8550型 テンダー機関車 1-C型 (明治32年[1899年] 製造:スケネクターデー社)九州鉄道が主な舞台だったそうで、その無骨な外観通り、牛のようにのっしのっしと尻を揺らしながらスタートするが速度が乗ると俄然パワフルな走りを見せてくれたそうです。

160531-t-j04.jpg
弁慶号テンダー機関車 1-C型 (明治13年[1880年] 製造:米国ポーター社)威勢良く北海道を走っていたそうです。カランカランと優雅な鐘が鳴るユーモラスな機関車として親しまれてきたようですが、可愛らしい外見に似合わず200馬力を超える当時としてはなかなかのパワーもあったそうで、北の大地の開拓に大いに貢献したようです。


血があつい鉄道ならば
走りぬけてゆく汽車はいつかは心臓を通るだろう
同じ時代の誰かが
地を穿つさびしいひぴきを後にして
私はクリフォード・ブラウンの旅行案内の最後のペーシをめくる男だ
合言棄は A列車で行こう だ
そうだ A列車で行こう
ぞれがだめなら走って行こう

時速一○○キロのスピードでホーマーの「オデッセー」を読みとばしてゆく爽快さ!
想像力の冒険王! テーブルの上のアメリカ大陸を一日二往復目 目で走破しても
息切れしない私は 魂の車輪の直径を
メートル法ではかりながら
「癌の谷」をいくつも越え捨ててきた

血があつい鉄道ならば
汽車の通らぬ裏通りもあるだろう
声の無人地域でハーモニカを吹いている孤独な老人たち! 木の箱をたたくとどこからともなく這い出してくる無数のカメたち
数少ないやさしいことばを預金通帳から出したり入れたりし 過去の職業安定所 噂のホームドラマを探しながら
年々、鉄路から離れてゆく

寺山修司「ロング・グッドバイ」より抜粋


160531-t-n01.jpg
足寄森林鉄道 44号(昭和17年[1942年] 製造:国鉄釧路工場)

160531-t-n02.jpg
C型アプト式タンク機関車 形式3900 (明治25年[1892年] 製造:英国エスリンゲン社)横川-軽井沢アプト区間で最初に使用された。


160531-t-n03.jpg
1C型テンダー機関車 形式7750 (明治26年[1893年] 製造:英国ネルソン社)黒磯-福島の勾配区間で使用されたそうです。



電車A列車で行こう

列車は人生という名の旅を分かりやすく象徴する乗物ですから、列車をテーマにした音楽も叙情に満ちたものが多いですね。また、近代社会を代表するスピードの象徴でもあり、メカニックなフォルムのクールさから、モダンなイメージもまた加味されて独特の味わいがあります。そういうわけで、列車をテーマにした曲を個人的な好みで選んでみました。

るんるんSteve Reich「Different Trains 1 (America - Before The War)」
るんるんSteve Reich「Different Trains 2 (Europe-During the War)」
るんるんSteve Reich「Different Trains 3(America-After the War)」
以前スティーブ・ライヒをテーマにした記事でも書きましたが、汽車をテーマにした音楽の中で最も好きな曲はこれです。ミニマル音楽の巨匠スティーブ・ライヒによるミステリアスな質感の汽車幻想。弦楽器が実に巧みに汽車の動きや線路のうねりを表現していて凄いです。サンプリングされた短文のリピートや汽笛が異次元なシュール感を醸し出していて絶品であります。楽曲「ディファレント・トレイン」は、第二次世界大戦の前後の不安感を3部で構成した作品。第1部は戦前のアメリカ、第2部は戦中のヨーロッパ、第3部は戦後のアメリカがテーマです。はじめて聴いたスティーブ・ライヒの曲というのもあって個人的に思い入れがあります。

るんるんTom Waits「Downtown Train」
黄昏の酔いどれシンガー、トム・ウェイツらしい哀愁漂う汽車のロマン。曲もかっこいいですが歌詞もまた渋くて素敵!列車は、閉じこもった小さな日常から、果てしない未知の世界に連れて行ってくれる人生の導師(グル)なのかもしれませんね。「洋楽和訳 (lyrics) めったPOPS」様による歌詞の和訳

るんるんAnita O'Day「Take The 'A' Train」
アニタ・オデイの軽快でムーディーな歌唱が心地いいですね。曲はジャズの有名なスタンダードナンバー「A列車で行こう」です。
「Groovy Groovy ~and all that jazz~」様による歌詞の和訳

るんるんMeade Lux Lewis「Honky Tonk Train Blues」
アメリカのピアニスト、ミード・ルクス・ルイスの1927年の大ヒットナンバー。ホンキートンク(Honky Tonk)とは意図的にくだけた調子外れなノリを味わいとするアメリカのカントリーミュージックのジャンルを指すようです。

るんるんMartin Denny「Burma Train」
「ビルマ・トレイン」と題するマーティン・デニーらしいエキゾチック感たっぷりの曲。

るんるんThe Doobie Brothers「Long Train Running」
アメリカのベテランロックバンド、ドゥービー・ブラザーズの1973年の大ヒット曲。なんとなくどこかで聴いたことある曲だと思います。歌詞は人生の無情さを列車に例えて歌っていて哀愁を感じます。「洋楽歌詞を和訳じゃ。」様による歌詞の和訳



電車花電車

花電車といえば、派手な装飾を施した路面電車のことで、主にお祭りや重要な記念日などのスペシャルな日でしか運行されないため、なかなか見る機会はありません。とっくに廃れた風習だと思っていたのですが、現在でもごくたまに運行しているようで、チャンスがあればまだまだ見れる機会はありそうです。ということで、絵葉書コレクションの中から、シュールな様相を偲ばせる往年の花電車をご紹介します。

160531-t-h01.jpg

160531-t-h02.jpg

160531-t-h03.jpg

160531-t-h04.jpg

160531-t-h05.jpg

160531-t-h06.jpg

160531-t-h07.jpg
posted by 八竹彗月 at 11:36| Comment(0) | コレクション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: