2015年12月03日

【音楽】フレンチ特集

シルヴィ・バルタン以外はいわゆるフレンチポップ的なノリにこだわらずに近年のフランス語のポップミュージックからいい感じのアーティストをピックアップしてみました。

るんるんSylvie Vartan「Irresistiblement」
「あなたのとりこ」の邦題でも知られるご存知シルヴィ・バルタンの1969年の大ヒット曲。元気がわいてくる明るい素敵な曲ですね。

るんるんDisiz「Laisse Beton」
ディシズはフランスのラッパー。バンジョー(?)やサックスなどのアコースティックなアレンジがお洒落ですね。

るんるんLes R'tardataires「En R'tard」
レ・アタディティーはフランスのヒップホップグループ。ヒップホップのグループではサウンドプロバイダーズが大好きなのですが、レ・アタディティーはフランス版サウンドプロバイダーズという感じで、大人っぽいお洒落なアレンジが魅力的ですね。

るんるんCoeur de Pirate「Mistral Gagnant」
メランコリックなピアノの旋律にのせて詩を詠むように歌う不思議なテイストの曲です。コエ・デ・ピアートは2009年にアルバムデビューしたシンガー。フランス語で歌っているのでフランス人かと思いきやケベック生まれのカナダ人のようですね。調べてみたら、フランス系のカナダ人はカナダでは15%を占めるイングランド系に次ぐ民族グループのようで、英語と並びフランス語もカナダの公用語なんですね。今さら知りました。

るんるんBatlik「Genealogie」
音楽は疾走感があってすごくカッコいいんですが、歌詞の内容を表現しているのかどうかPVが不気味というかシュールですね。

るんるんJudith「Badaboum」
重厚なアレンジ、メランコリックな雰囲気とけだるいスキャットがいい感じです。ジュディスはフランスのシンガーソングライター。

るんるんBarcella「Puzzle」
バッセラはフランスのシンガーソングライター。曲は2014年のアルバム『パズル』から同名の表題曲。あのベルギーのカルトなニューウェーブバンド、ハネムーン・キラーズを彷彿とするエキセントリックなノリがいいですね〜 

るんるんRenan Luce「Appelle quand tu te réveilles」
テンポのいいアレンジが心地いいですね。ルナン・リュースは2006年にデビューしたフランスのシンガーソングライター。トリックアートを駆使したPVの映像もいいですね。

151203-plexus28.jpg
フランスの雑誌『Plexus』(vol.28 1969年)より
posted by 八竹彗月 at 07:32| Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: