2015年05月11日

ライフゲームとその他科学ネタ

ひらめきライフゲーム
lifegame.jpg
目が届く範囲いっぱいまで広がった非常に大きなチェッカー盤を想像してみよう。ほとんどの升目、すなわちセルは空である。このセルのほんの少しにだけ不思議な生きものがおり、これは自分の隣にひどく敏感である。それぞれの運命は周りの数によって左右される。隣人が多いと混みすぎて死ぬし、あまりに少ないと寂しくて死んでしまう。3人だと和気あいあいで新しい生命が誕生するし、2人だと快適な安定を保つ。p262
(「現代数学ワンダーランド」アイヴァース・ピーターソン:著 奥田晃:訳 新曜社 1990年)


これは1970年に英国の数学者コンウェイによって発明されたライフゲームと呼ばれる興味深い数学ゲームの基本ルールを説明したもので、wikiの「ライフゲームのルール」の項を読んでいただければわかるとおり、ライフゲームの主人公である升目一つ分を占有する四角いピクセル生物は、とても単純なルールで増えたり減ったりします。簡単なルールから複雑な世界を作り出していくその様子は、まさに生命の進化を神の視点で眺めているような不思議な感覚に陥ります。このとても興味深いライフゲームの世界を、実に上手く、面白く紹介されている傑作動画を先日見つけてとても感動したのでご紹介します。数年前に作られた、かなり再生数の多い人気動画のようですから、すでにご覧になった方も多いと思いますが、まだの方で、この手の世界に興味のある方はぜひおすすめしたいです。

「ライフゲームの世界」ニコニコ動画

動画の作者さんは、そうとう深くライフゲームを研究していて驚愕しました。丁寧に構成されていて、序盤から惹き込まれますが、回を追うごとに知的興奮と面白さはエスカレートしていきます。最後のほうにいくにつれて、ついには壮大で畏怖を感じるような神懸かった領域にまで到達していきます。クローン技術や核開発技術など、人類はすでに神の領域に片足を突っ込みはじめた時代に突入していますが、こうしたコンピュータの世界も、それをもっとも感じますね。

ひらめきルービックキューブ自動完成させ機
レゴ・マインドストームによるルービックキューブ自動完成させ機、すごいですね〜 波平の自動卵割り機なみにナンセンスな機械ですが、こうした機械は、役に立たないがゆえに、玩具的な面白みを感じますね。
レゴ・マインドストームは、ロボットなどの複雑な機械を作成することが可能なレゴブロックの発展的な製品のようです。しかしまぁ、いろんな事ができるんですね〜 そういえば昔日本にもラジオやブザーなどの単純な機械をブロックを組み立てることで作れてしまう「電子ブロック」という科学玩具がありましたが、今やロボットという現代の先端技術も玩具として遊べる時代になったというのは凄い事です。
ネットでは、こういう感じで、世界の何処かにいる誰かが個人的な遊び心だけでスゴイものを作ってしまう感じの動画をよく目にしますが、そうした情報を得られるのも発信できるのもインターネットあればこそです。情報のあり方自体が日々革命的に変化しているのを感じますね。

ひらめき海の奇妙な生物
放散虫
Radiolaria.jpg
自然の芸術、放散虫。「Art Forms in Nature」Ernst Haeckel:著 Dover:刊 1974年
細密な工芸品のような放散虫。その正体は海のプランクトンですが、球形を基本にした様々な形が、まさに神の作る美術品といった感じですね。そのまんま現代アートといってもうなづいてしまう斬新な造形美がスゴイ。
放散虫についての様々な情報や豊富な画像が充実してるサイトRadiolaria.org(英語)

テヅルモヅル
次に、樹木のように枝分かれした腕がウニョウニョ動く海の不思議生物、テヅルモヅルも、奇妙です。ヒトデの仲間のようですが、腕が枝分かれしすぎて植物っぽい形状になっていますが、こういう形態でウネウネ動かれるとゾワッときますね。

コンドロクラディア・リラ
Chondrocladia_lyra.jpg
これが生物?と目を疑う人工物感が半端ない肉食の不思議生物コンドロクラディア・リラ。まさに深海の神秘といった感じです。地球上に生息する全ての生物のうち、人間が認知できている種類はほんのわずかだと言われていますし、まだまだ地球は人間にとって未知の世界のようです。
posted by 八竹彗月 at 02:16| Comment(2) | 数学
この記事へのコメント
>ライフゲーム
立川に住んでいた作家の矢野徹が「電脳酒場」という...パソコン雑誌のコラムで取り上げてて興味を。
ライフゲームのルールを取り入れたオートマトンでパソコンを構築する事も可能。というものでした。当時はボクは、その雑誌のフラクタル図形のPC98用BASICプログラムをMSXに移植して遊んでたので...ホントにパソコン黎明期。最も...矢野徹はライフゲームを...アナログコンピュータでの表示。オシロスコープのグライダーパターン等を見ていたようでした。まだ使えるコンピュータは出力がプリンタのみだったりしたもので無理ないんですが。

ライフゲーム動画の、最後の方のをみて「オートマトンでパソコンを...」の部分を、ようやく実感できた気がします。規模でかすぎですけどね。アナログコンピュータでのプログラムの「気合いの入れ方」に比べれば...ナノマシンで動作する極小オートマトンでの、ライフゲーム式コンピュータも、まんざら夢物語じゃないような気がします。
Posted by あっきー ( t-aki ) at 2015年05月17日 20:28
>ライフゲームのルールを取り入れたオートマトンでパソコンを構築する事も可能。というものでした。

ライフゲームの面白さは、生命や進化のシミュレーション的な部分もありますが、なんといっても一番興味を惹かれるところは、ご指摘のように、ライフゲームがコンピュータと同様の性質を持っている、というところですね。そして、その秘めたる芳醇な性質が、より「生命の進化」のシミュレーションとしてのリアリティを逆説的に説得力のあるものにしているように感じますし、そこがライフゲームをますます興味深いものにしていますね。

それまでライフゲームといえば、漠然と、コンピュータ上で単純なルールを与えたセルによる進化や淘汰などのシミュレーションに過ぎないと思ってただけでしたが、上手く構築すればコンピュータ上でコンピュータをシミュレーションできてしまうほど奥が深いものだった、ということが分かってとても刺激的で面白い動画でした。
Posted by イヒ太郎 at 2015年05月18日 01:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: