2015年04月29日

透明耽美

P4290035.jpg

透明でキラキラしたものは、心を純粋に高貴にしてくれるような気にさせます。色も持たず、光を遮らないその「主張性の無さ」は、没個性という負の印象よりは、ポジティブなイメージで受け取られる機会のほうが多いですね。それは、我を主張せず場に溶け込むという聖なる性質をイメージさせるからでしょうか。いろいろと象徴的なイメージが思い浮かびますが、そう深く考えずとも、人類普遍に無意識に好ましいイメージがあるのは確かだろうと思われます。

P4290038.jpg

古くは、透明なモノというと氷や水晶などが代表だと思いますが、現代の透明物質の定番というとガラスでしょう。ガラスの歴史は紀元前数千年にも遡るとされているようですが、実際に手軽に大量生産が可能になるのは産業革命以降のようですから、ガラスが身近に使えるようになったのはせいぜい百年ちょっとの歴史なんですね。

P4290040.jpg

宝石や貴金属の歴史をみても、透明でキラキラしたモノというのは、実用性を超えた価値を見いだされ常にいつの時代も人間を魅了し、その希少性から醜い争いも数多く繰り返されてきましたが、そういう意味では、誰でも手軽にキラキラしたモノを楽しめる現代はそこらじゅうに豊かさを見いだせる時代である、ともいえるかもしれません。スワロフスキーなどは、たかがガラスとは言えないレベルの美しさで、ガラス生成技術もひそかに年々進化しているのでしょうね。

P4290041.jpg
ガラスの置物。ガラスの中のクラゲは暗闇で蛍光して神秘的です。

P4290076.jpg

P4290052.jpg
水晶のクラスター。水晶は、昔はメガネなどのレンズもガラスのかわりに使われていたり、現代ではその圧電体としての性質からクオーツ時計として利用されたり、人類と密接に付き合いのある鉱物です。

P4290054.jpg
紫陽花模様のガラス皿。表面の特殊加工で、傾けると虹色に反射してきれいです。

P4290060.jpg

P4290062.jpg
アクリル製のタツノオトシゴ。

P4290065.jpg
オーストラリア産のジプサム。雪のような、花火のような、美しい結晶です。石膏の結晶は様々な色形のものがありますが、中でもこのような針状の繊細な結晶のものはジプサムと呼ばれます。

P4290007.jpg
ブリリアンカットされた美しく輝くキュービックジルコニア。模造ダイヤのイメージが強く、インチキくさいネガティブな印象を持たれがちですが、安価でありながらルビーなどのコランダム系に近い硬度(8〜8.5)、さらにダイヤモンドに近い高い屈折率をもつ優秀な結晶体です。

P4290008.jpg
ヴェルサイユ宮殿の、アメシスト(紫水晶)で出来た豪奢なシャンデリア。こんな高貴なシャンデリアの灯りで生活できたら夢のようでしょうね。(「宝石」カラーブックス20 保育社 昭和38年)
posted by 八竹彗月 at 03:14| Comment(2) | コレクション
この記事へのコメント
先日、カタコンベに埋葬された亡骸の宝飾品...琥珀に、その当時の流行病の...亡くなる原因になったペスト等から身を守る効果を期待して。という話を聞きました。
「生物は何も無いところから自然発生する」というのが常識だった時代なので、それでも尚且つ古代の生き物を腐敗させず封じ込められた所から出てきた迷信だと想像。
しかしその透明なものの神秘性や芸術性が、より透明なガラス細工へ繋がるような気がして、なんかロマンを感じますっ
Posted by あっきー ( t-aki ) at 2015年05月05日 09:58
なるほど、たしかに、歴史を通じて人類が宝飾品を愛してきた理由は、その物質的な美しさに対する金銭的な価値だけでなく、魔除けや癒しや治癒的な効果をねらった、天界のパワーを象徴する呪術的な意味合いもあったのかもしれませんね〜
Posted by イヒ太郎 at 2015年05月06日 17:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: