2015年03月03日

大正浪漫な雛祭り

大正時代の少女雑誌「少女世界」から、タイムリーな雛祭りのイラストを中心に、叙情的で可愛らしいページをいくつか選んでみました。

P3030001.jpg
「少女世界」大正7年(1918年)3月号 博文館 画:村田米四 題:蝶々

P3030014.jpg
「爪の垢」 画:佐藤三重三
あか子さんは、きれいな着物をきることが大好きです。ちょっと叔母様の家へお使いにゆくのでも、顔を洗って、リボンをかけて、着物を着かえて出かけます。叔母様はあか子さんが、おめかしをして来たのを見て、「まあ、あかちゃん、きれいにして来たのね、ちょっとそっちを向いてご覧なさい。耳の後ろに垢がたまっているじゃありませんか。手はどうなの?出してごらんなさい」とおっしゃいました。あか子さんの手の指は、爪が長くのびて、その間に黒い垢がいっぱいたまっていました。叔母様はそう言われてから、あか子さんは日曜日ごとに、きっと爪をきることにしました。

P3030003.jpg
「あたたかな日」 画:吉田秋光
桃の花がさいて、野には暖かい春の光がかがやいております。初子さんは、柔らかな芝生の上で、歌の本をよんでおります。ふみ子さんも、そのそばできいております。

P3030006.jpg
「雛まつり」 画:田代秀雪
三月三日は雛まつりです。桃子さんは緋毛氈(ひもうせん。赤いフェルトのこと)の雛壇にお内裏様をかざっております。それから矢大臣、左大臣、官女に五人ばやし、つぎつぎに飾られてゆく雛壇は、どんなに美しくなることでしょう。

P3030010.jpg
お人形遊びと雛まつり
(1)は「いらっしゃいまし」と言ってお辞儀をしているところ。
(2)は、お人形にお辞儀をさせているところ。
(3)は、雛壇にお雛様をかざっているところ。
三月は楽しい月です。三日は雛の節句ですから、どこの家でも皆、お雛さまを出してかざります。また時候もだんだん暖かになりますから、お休みの日には、野外へ遊びに出る者もあります。写真の(4)と(5)は、少女の郊外散歩であります。


P3030029.png

P3030017.jpg
「桃のお節句」 画:佐藤三重三
楽しみにして待っていた桃のお節句がきました。それに今日は日曜日なので、雛子さんには嬉しいことが重なってきたわけです。雛子さんは朝からお姉さまにお手伝いをしていただいて、可愛いお客さまたちをお招きするお支度に忙しうございました。夕方から、お友達の皆さんがおあつまりになりました。内裏様や五人囃の奇麗にならんだ赤毛氈の雛壇には、色美しい菱餅や白酒の瓶や、いろいろの御馳走が供えてあります。室咲きの桃の花が可愛い雪洞(ぼんぼり)の灯に、うつくしく照らされている前に、可愛いお客さんたちが、両手をお膝にのせて、おとなしくお座りになったところは、お雛様よりもきれいでした。

P3030019.jpg
「お重箱の中」大井憲康

P3030032.jpg
連載企画の題字周りを飾る可愛いイラスト
posted by 八竹彗月 at 21:28| Comment(0) | 古本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: