2014年11月15日

【音楽】気持ちいい曲

最近見つけた素敵な曲や、ふと聞きたくなったあの曲まで。

Yann Tiersen「Rue des Cascades」
ヤン・ティルセンはフランスの音楽家、作曲家。ミニマル音楽のようなモダンさと民族音楽のような情感が見事に融合した感じで、才気と癒しに満ちた素晴らしい空気感を感じます。女性ボーカル、クレア・ピチェの透き通るような歌声が、意味ありげな歌詞を聖歌のように表現していてユニークですね。

Schroeder-Headz「Blue Bird 」
心が洗われるような心地よく軽快なピアノが気持ちいいです。シュローダー・ヘッズは2010年デビューの渡辺シュンスケによる日本のインストゥルメンタルバンド。つい先日デパートの某ショップでかかっていて気になったバンドですが、とてもいい感じですね。ライブで聴いてみたいです。

Little Pattie「Pushing A Good Thing Too Far」
オーストラリアのシンガー、リトル・パティによる1965年の曲。軽快で可愛らしい感じの曲です。

Andy Fairweather Low「Hymn 4 My Soul」
英国のギタリスト、アンディ・フェアウェザー・ロウの2006年の曲。ギターも声も渋いですね。心に染み入るような感じのメロディです。

Valerie Lemercier「Bungalow」
お洒落な90年代フレンチポップ。ヴァレリー・メルシェはフランスの女優、作家、シンガー。1996年のアルバム「Valérie Lemercier chante」より。

Flo Rida「Whistle」
フロー・ライダーはアメリカのラッパー。メロディやアレンジは切なく情緒的なイイ感じですが、歌詞はそうとうな下ねたソングですね。ペニスをホイッスルに例えてフェラチオの事をえんえんと歌っています。

浜渦正志「閃光」
たまに聞き来たくなる曲です。ゲーム「FINAL FANTASY XIII」の戦闘シーンに使われているお馴染みの曲です。本編のゲームの評判は賛否が極端に別れましたが音楽のクオリティは毎回高いですね。小気味いいバイオリンの旋律が高揚感を誘います。

Twinkle「Tommy」
英国のシンガー、トゥインクルの1965年のヒット曲。情感のあるいい曲ですね。

PB150002b.jpg
60年代東京、ヴァイオリンを弾く少女。アメリカの写真家シェルダン・ブロディの作品。「2. Weltausstellung der Photographie」(1968年刊)より。
タグ:音楽 邦楽 洋楽
posted by 八竹彗月 at 02:50| Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: