2014年07月11日

【音楽】音楽探検隊

ちょうど聴きたい気分になったいい感じの曲を集めてみました。ムーディーな感じの曲からノリのいい感じの曲まで、とくにテーマは無くノンジャンルで選んでみました。

るんるんMadeline Bell「Beat The Clock」
るんるんMadeline Bell「I'm Gonna Make You Love Me」
心地よく惹き込まれるエモーショナルな曲です。この2曲はアメリカのソウル・シンガー、マデリン・ベルの1967年のデビューアルバム「Bell's A Poppin'」からの曲です。良い曲が多い名盤です。

るんるんPhonorama「La Promenade」
レトロ感のあるスキャットがパラダイスな世界に誘(いざな)います。この曲は以前に紹介したフォノラマの傑作アルバム「レトロロジー(Retrology)」にも収録されています。どこかで聴いたようなメロディが耳に心地いいです。多くの方はJRの「そうだ、京都行こう」のBGMを彷彿すると思います。あのCMの原曲になっているのは、ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」の中の1曲、「私のお気に入り(My Favorite Things)」のようです。

るんるんClaudine Longet「How Insensitive」
メランコリックなメロディ、可愛らしいウィスパー・ボイス、ムーディーな雰囲気に癒されます。クロディーヌ・ロンジェは60〜70年代に活躍したフランス人の女優、シンガーですが、多くの曲は英語で歌われていてフランス語の歌は多くないようです。この曲はアントニオ・カルロス・ジョビン作曲のブラジル音楽の英語ヴァージョンです。

るんるんJohn Farnham「One」
オーストラリアのシンガー、ジョン・ファーナムの1969年のヒット曲。エモーショナルな盛り上がりが気持ちいい良質のポップスですね。

るんるんClaire Martin「Up From The Skies」
クレア・マーティンは英国のシンガー。2000年のアルバム「パーフェクト・アリバイ(Perfect Alibi)」の収録曲。ムーディーなジャズボーカル、お洒落な感じの曲です。

るんるんThe Grid「The Must Be Heaven」
グリッドは英国のテクノ系ダンスミュージックのユニット。1990年のファーストアルバム「Electric Head」に収録されている曲です。なんとなく80年代あたりのディスコ音楽っぽいメロディにシビれます。

るんるんBalanescu Quartet「Revolution」
アヴァンギャルドな質感を保ちながら聞きやすく耳に馴染んでくる旋律、かっこいい曲です。バラネスク・カルテットはルーマニア人のアレクサンダー・バラネスクを中心に結成された弦楽四重奏ユニット。フォリップ・グラス、マイケル・ナイマンなどの現代音楽からクラフトワーク、YMOなどのポピュラー曲までカバーするユニークな活動で知られていますが、オリジナル曲もかっこいいです。曲は1994年のセカンドアルバム「ルミニッツァ(Luminitza)」より。このアルバムは全篇オリジナル曲で、バラネスク・カルテットのクリエイティビティがよく伝わってくる良いアルバムだと思います。

P7110004.jpg
タグ:音楽 洋楽
posted by 八竹彗月 at 17:41| Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: