2018年12月15日

【音楽】最近聴いてる曲

元気な曲から、ヒーリングな曲まで、最近聴いている曲の中からいい感じの音楽を気分で選んでみました。

るんるんSlade「Cum On Feel The Noize」
元気が湧いて来るパワフルな曲です。最近よく聴いてます。クワイエット・ライオットやオアシスのカバーでも知られるヒット曲「カモン・フィール・ザ・ノイズ」ですが、やはりスレイドによる1973年のオリジナル曲はプリミティブなパワーがあってイイですね〜

るんるんJimi Hendrix「Purple Haze」
るんるんJimi Hendrix「Sunshine Of Your Love」
激しい中に遊び心とかっこよさとサイケ感のあるフリーダムなギターの唸りにシビれます。このところなぜかジミヘンが無性に聴きたくなってきて、最近は仕事のBGMのジミヘン率が微妙に上昇中です。以前はアクが強過ぎる感じがして苦手だったんですが、最近ようやくジミヘンの良さが分かってきたみたいです。「パープル・ヘイズ」といえば、HIS(忌野清志郎&坂本冬美&細野晴臣のユニット)が和風にアレンジした「パープル・ヘイズ音頭」という曲がありましたね。「サンシャイン・オブ・ユア・ラヴ」は伝説のロックバンド、クリームの名曲のカバーです。

るんるんNigel Kennedy「Fire」
るんるんNigel Kennedy「Transfiguration」
ナイジェル・ケネディは英国イングランドのヴァイオリニスト。「Fire」はオムニバスのジミヘンのトリビュートアルバム「Stone Free ( A Tribute to Jimi Hendrix )」からの曲で、ジミヘンの曲「Fire」をいい感じにアレンジしていて気持ちいい曲です。「Transfiguration」はナイジェル・ケネディの2010年のオリジナルアルバム「Shhh!」からの曲で、フリーキーで個性的な曲ながらも心地いいグルーヴ感のある面白い曲です。

るんるんBalanescu Quartet「Computer Love」
るんるんBalanescu Quartet「The Model」
バラネスク・カルテットはルーマニア出身のヴァイオリニスト、作曲家のアレクサンダー・バラネスクによる弦楽ユニット。オリジナル曲もユニークでかっこいい曲が多いですが、マイケル・ナイマンの弦楽四重奏曲の演奏や、今回ピックアップしたクラフトワークのカバー曲などもとてもいい感じですね。テクノの名曲も生楽器のアレンジが意外とハマっていて、なかなか聴かせてくれます。

るんるんGary Lewis & The Playboys「Green Grass」
るんるんGary Lewis & The Playboys「Sure Gonna Miss Her」
ゲイリー・ルイス&ザ・プレイボーイズは主に60年代に活躍したアメリカのポップ・ロック・バンド。いかにも60年代ポップスな夢のようなスウィート感のあるテイストが気持ちいいですね。

るんるんHoneydrippers「Sea of Love」
レッド・ツェッペリンのロバート・プラントの結成したバンド、ハニー・ドリッパーズによる80年代の大ヒット曲、「シー・オブ・ラブ」。てっきりオリジナル曲かと思ってましたが、1959年のフィル・フィリップス( Phill Phillips )による同名のヒット曲がオリジナルのようですね。郷愁感のある切ないロマンチックなムード感がたまりません。

るんるんSteven Geraghty「You Were There」
ゲーム史に残るであろう傑作「ICO」のサントラ「ICO~霧の中の旋律~ 」からの一曲。スティーブン・ジェラティは英国の少年合唱団「Libera(リベラ)」に所属していた歌手で、聴く者を神聖な天界に誘うようなその天使のようなけがれ無き歌声に癒されます。ICOの不思議な世界観と相まって、実に神秘的な味わいの楽曲に仕上がっていますね。

るんるんLibera「Air」
上でも触れたロンドンを拠点に活動している天使のような歌声の少年合唱団「Libera(リベラ)」、この曲はバッハの有名な名曲「G線上のアリア( Air on G String )」ですが、透き通った少年たちのコーラスによってより崇高な気分に誘われますね〜
タグ:音楽 洋楽
posted by 八竹彗月 at 04:06| Comment(4) | 音楽