2018年05月24日

【音楽】今日の気分で選んだ曲

るんるんSpanky & Our Gang「Hong Kong Blues」
先日「香港ブルース」のカバー曲をいくつかピックアップしましたが、こちらのカバーも凄くイイです! スパンキー&アワー・ギャングは60年代に活躍した米国のバンド。コーラスの気持ちいいハーモニーで知られたグループのようですが、この曲でも存分にその持ち味を発揮していますね。私もこの「香港ブルース」のカバー曲で知ったばかりですが、「Sunday Will Never Be The Same」とか「Sunday Mornin'」とか、他の曲も夢のように気持ちいい曲が多いですね。

続けて60〜70年代の洋楽ロックなどで続けようと思ったのですが、最近は原点回帰というか、日本の古今の大衆音楽をよく聴いているので、以下、その中から気に入った曲を選んでみました。

るんるんれをる「生命線」
るんるんれをる「クラブ=マジェスティ」
れをる(REOL)は日本の3人組の音楽ユニット。ネットサーフィンしててたまたま知りましたが、センス溢れるスピード感のある楽曲に唸りました。調べてみると、デビューにいたるきかっけは、メンバーそれぞれがニコニコ動画での投稿がきっかけとなり結成されたユニットだそうで、現代的というか、まさにネットの時代を感じさせますね。

るんるんやくしまるえつこ「少年よ我に帰れ」
曲の構成や楽器のアレンジなどすごく気持ちいいですね。疾走するような曲調が心地いいです。不思議なテイストの歌詞も相まって何度も聞き返したくなるムード感がありますね。アニメ「輪るピングドラム」の主題歌のようですが、最近のアニソンはいかにもアニソンな感じの曲ばかりではなくなってますが、これもアニメ自体が子供やマニアだけの娯楽ではなく、現代日本を象徴するひとつの文化になってきてることもあるんでしょうね。

るんるん光吉猛修「Burning Hearts」
1998年発売のゲーム「バーニングレンジャー」のテーマ曲。今は無きセガサターン用のゲームだそうですが、ゲームの方は未プレイです。それにしてもかっこいい曲ですね。光吉猛修(みつよしたけのぶ)はゲーム音楽の作曲家、歌手。「日本一歌のうまいサラリーマン」の異名をとるだけあって惚れ惚れするイイ声してます。どことなくオリジナル・ラブの田島貴男を彷彿とする声質ですね。というか、最初聴いたとき田島さんかと勘違いしました。

るんるん越美晴「マイ・ブルーサマー」
シンガーソングライター越美晴の1979年の曲。現在はコシミハルの名前で耽美でレトロなキャバレー音楽を彷彿とさせるアコースティックな路線で活躍されていますが、初期の歌謡曲路線の曲もやたらと完成度が高い作品が多く、ほんとに才能の塊のような人だなぁと改めて感じます。初期のアルバム「おもちゃ箱」はその歌謡曲路線での傑作ですね。80年代はYMOの面々とコラボしたりなどテクノな印象がありますが、90年代以降はデカダンで耽美な音楽性に変化していき、2000年以降も異世界の世紀末ヨーロッパのような独特の世界観に磨きがかかってきていて素晴らしいです。とくに2008年のアルバム「覗き窓」はとても完成度が高いアルバムで、個人的に大好きな名盤です。

るんるんFlipper's Guitar「恋とマシンガン」
るんるんFlipper's Guitar「Sending to your Heart」
フリッパーズ・ギターといえばいわずと知れた小沢健二と小山田圭吾のユニットですが、当時はさして興味は感じなかったものの、最近改めて聴いてみるとけっこう良い感じなのでよく聴いてます。

るんるん坂本龍一「Foto Musik」
90年代後半頃のFM番組「坂本龍一のサウンドストリート」のテーマ曲だそうですが、現在の所、本人のアルバムには未収録のレアな作品になっているみたいですね。電子楽器を用いたシンプルなアレンジながらもミステリアスな情感が漂う味わい深い名品だと思います。

るんるんEgo Wrappin' 「Psycoanalysys」
昨年他界された日本映画界の巨匠、鈴木清順の作品「ピストルオペラ」の挿入歌にこの曲が使われていて、そのかっこいい音に一気に引き込まれたのを思い出します。ウッドベースが加わるバンド編成って演奏パフォーマンスとしても見た目のパワフルさもあってカッコイイですね〜
タグ:音楽 邦楽 洋楽
posted by 八竹彗月 at 00:12| Comment(0) | 音楽