2017年06月11日

【音楽】ふと聴きたくなった音楽選集

るんるんSimon & Garfunkel「Scarborough Fair」
美しいメロディに乗せられて輪唱みたいに歌われる幻想的な歌詞がなんとも素敵な曲ですね。繰り返される「Parsley, sage, rosemary and thyme(パセリ、セージ、ローズマリー、そしてタイム)」の歌詞、聴いてるだけで心地いいハーブの香りがしてきます。サイモン&ガーファンクルといえば、「サウンド・オブ・サイレンス」「明日に架ける橋」「冬の散歩道」などなど20世紀のポピュラーミュージックを代表するような名曲をいくつも送り出した有名なフォークデュオですが、この曲は中でもひときわ心惹かれます。元になっているのは英国の民謡だそうですが、オリジナルの歌詞に付け加えられた反戦歌のような歌詞が輪唱のように歌われるのがユニークです。曲が発表された1966年はベトナム戦争(1960〜1975年)の真っ最中のようですから、そうした時代背景を踏まえて聴くといっそう深みを感じます。「And to fight for a cause they've long ago forgotten(そして、彼らはずっと前に忘れてしまった理由のために戦う)」のくだりなど、永遠に続くかのような泥沼の戦争のただ中の時代に漂うメランコリックなムードを感じます。メインで歌われる歌詞は牧歌的なラブソングだけに、輪唱される厭世的な反戦詩がミステリアスな印象を醸し出してます。

メモ参考サイト
「Lyrics - 訳詩の世界」様による和訳



るんるんYael Naim「New Soul」
2008年にアップル社の製品「Mac Book Air」のCMで使われたことでも知られる大ヒット曲ですが、歌詞もいかにもジョブズが好みそうな感じのスピリチュアルなテイストでユニークですね。歌詞の主人公は、この世界に生まれたばかりの命そのもので、彼が人間なのか、あるいは他の生き物なのかはわかりませんが、自分がまさに生まれた事への喜びと、これから過ごすこの奇妙な世界への期待感を瑞々しく表現していて面白いです。本来言葉を持たない生まれたての魂≠ェ、もしもあえて言葉で、自分がこの世界に誕生したことを表現したとしたらどうなるか?というのがこの曲のコンセプトだと思いますが、斬新なようでいて同時に普遍的な、とても秀逸な着眼点に感服します。もしかしたら、私たちは皆、この曲の主人公のように、この地球というワンダーランドで、楽しく愉快に遊ぶために生まれて来たのかもしれません。「この宇宙は遊戯です。神のように踊りなさい、歌いなさい。それで十分です」というインドの聖人ラーマクリシュナの言葉がありますが、まさにそのように人生を満喫して生きたいものですね。

メモ参考サイト
「名曲から学ぶ英単語」様による和訳



るんるんThe Third Rail 「Run, Run, Run」
るんるんThe Third Rail 「Invisible Man」
ザ・サード・レールは60年代後半に活躍したアメリカのバンド。音的にはブリティッシュロックっぽい感じでかっこいいですね。キャッチーな曲作りながらいい具合に実験的なひねりもあってセンスを感じます。


るんるんEagles「Hotel California」
言わずと知れたロック史に輝く名曲「ホテル・カリフォルニア」です。定期的にふと聴きたくなる曲です。けだるい空気感とどこかメランコリックな耳に残るメロディに乗せたつかみどころのない謎めいた歌詞が魅力です。サイモン&ガーファンクルの「サウンド・オブ・サイレンス」(過去の記事)と並んで、神秘的な寓意を感じる好きな曲です。後半の哀愁のギターソロも、ギターが何か言葉にならない言葉を必死で伝えているような雰囲気でシビレます。歌詞の途中で主人公はホテルマンにワインを頼みますが、「We haven’t had that spirit here Since nineteen sixty-nine(こちらには1969年以降のスピリットは置いていません)」という答えがかえってきます。スピリット(spirit)はここでは蒸留酒を指してますが、「魂」という意味も重ねていて、アメリカのニューヨーク州で行われた伝説的なロックフェスティバル「ウッドストック」の開催された年が1969年であることから、「1969年以降のロックには魂はなくなってしまった」という暗喩が込められているといわれてますね。奇妙なホテルから脱出を試みる主人公にガードマンが落ち着いた風情で口にするラストの台詞がゾッとさせます。松任谷由実の「時のないホテル」の歌詞もこの「ホテル・カリフォルニア」を意識した曲だといわれていて、ユーミンの曲の中ではかなり異質で、シュールでミステリアスな歌詞は一聴の価値があります。

メモ参考サイト
「MAGICTRAIN Music Blog」様による和訳



るんるんBlossom Dearie「Charade」
可愛らしい少女のような声が持ち味のジャズシンガー、ブロッサム・ディアリーによる映画「シャレード」のテーマ曲のカバー。ミステリアスな旋律がかっこいいですね。映画はまだ見てないですが、オードリー・ヘプバーン主演のサスペンス映画ということで、機会があればいずれ鑑賞したいです。


るんるん水曜日のカンパネラ「千利休」
るんるん水曜日のカンパネラ「アラジン」
ヒューマンネイチャー≠ノツボりました。センスのあるノリのいいメロディアスな曲とナンセンスなギャグソングの絶妙なコンビネーションがクセになる水曜日のカンパネラ、いまさらですがイイですね〜 コミックソングは、おうおうにして歌詞だけでなく曲も面白系な感じに作曲してしまいがちですが、そこをあえて曲調までお笑い路線にしないところが新鮮ですね。コムアイさんの一所懸命な感じの文系テイストのボーカルがまた絶妙で素晴らしい。


るんるんJames Blackshaw「River of Heaven」
12弦ギターの深みのある豊穣な音色が素晴らしい!ジェームズ・ブラックショウは英国のギタリスト。まだ30代半ばという若さながら、去年(2016年)の4月に引退を発表したそうです。2012年に来日公演があったみたいですが、もう生で聴く機会がないというのは寂しいですね。

メモ参考サイト
2012年来日時のインタビュー(「dacapo」様より)


170611-pic.jpg
タグ:音楽 邦楽 洋楽
posted by 八竹釣月 at 04:58| Comment(0) | 音楽