2017年01月29日

ビャンビャン麵の「ビャン」の字で遊ぶ

170129-bianbian-01-1.jpg
昨今注目をあびている「ビャン」の字。明朝体で、ちゃんとしたフォントっぽく作ってみました。

画数の多い難読漢字として脚光を浴びた「ビャン」の字のことは、ご存知の方も多いと思います。中国の陝西省(せんせいしょう)で一般的な幅広の麵である「ビャンビャン麺」の「ビャン」の字に使われるのみの超マイナーな漢字でありながら、その超ど級のマイナーさゆえに逆に注目を集めたようです。この話を知ったときに、てっきりご当地料理の宣伝のために自治体が町おこし的なノリで勝手に作った最近の文字なんだろうな、と思ってたのですが、意外に起源はまだあきらかになっていないみたいですね。しかしウィキペディアの「ビャンビャン麺」によれば、古い文献には全く出てこない文字であることはほぼ間違いないようで、ここ百年の間くらいに作られた文字らしいです。新しい文字には違いないみたいですが、とはいえ最近作られた文字というわけでもないようですね。

170129-bianbian-01-2.jpg
筆文字風。

漢字っぽいけどどこか違う感じが面白い西夏文字とか、道教のお札に書かれている漢字っぽい護符などに惹かれているのですが、この「ビャン」の字などは、まさしくそういった系統のユニークさを感じる漢字ということもあり、ずっと気になってました。いまだにビャンビャン麺は食べたことがないのですが、きしめんなどの幅広麺はけっこう好きなので、機会があれば食べてみたいです。

というわけで、今回は「ビャンビャン麺」というたったひとつの対象にしか使われていないという、文字の記号性を揺るがすような唯我独尊な文字「ビャン」に、もっと活躍の機会を与えたい!という名目でいろいろ「ビャン」と戯れてみました。

170129-bianbian-01-3.jpg
看板っぽくロゴ風にしてみました。

170129-bianbian-01-4.jpg
上のものを少しいじって意味なくかっこよくしてみました。

170129-bianbian-02.jpg
まんが風にしてみました。

170129-bianbian-05.jpg
ルービャンクキューブ

170129-bianbian-04.jpg
ステッカーっぽい感じで。

170129-bianbian-03.jpg
人名に「ビャン」の字が入っていたとしたらこんな感じでしょうか。「寿限無」は長すぎる名前の滑稽さをテーマにした落語ですが、画数が異常に多すぎる名前もなにかと不便そうです。

170129-bianbian-06.jpg
イラスト風。

170129-bianbian-07.jpg
「ビャン」は58画という複雑さですが、これ以上の画数というと「龍」を4つ組んだ「ロ」の64画(左)や、和製漢字の「たいと」の84画(右)などがあるようです。しかし、これらは単に画数の多い文字を複数並べただけですから、文字としての面白みではやはり「ビャン」に軍配を上げたいですね。
posted by 八竹釣月 at 08:40| Comment(0) | 創作

2017年01月28日

【音楽】最近聴いてる曲

最近よく聴いてる曲をいくつか選んでみました。

るんるんDavid Snell「International Flight」
英国のハープ奏者デイヴィッド・スネルによる1973年の曲。ハープの透明感のある美しい響きと軽快なリズムが心地いいかっこいいインストゥルメンタルです。40年以上前の曲とは思えない古びることのないモダンなセンスに驚きます。

るんるんPetula Clark「Alone」
軽快で陽気な可愛らしいコーラスがいい感じ!ペトゥラ・クラーク は、「恋のダウンタウン」の大ヒットで有名な60年代に活躍した英国のシンガー。

るんるんCuban Jazz Combo「Evil Ways」
サンバの情熱的なパションをムーディーなジャズテイストでアレンジしたようなエモーショナルでかっこいい曲ですね。

るんるんMartin Denny「Sukiyaki」
エキゾチカ音楽の巨匠マーティン・デニーによる「上を向いて歩こう」のカバー。いい具合にエキゾチカ風味にアレンジされていて、ヤシの木がなびく東南アジアの夜の海岸に置かれたレトロなラジカセから聴こえてきそうなモンドな味わいがユニークです。坂本九の歌う「上を向いて歩こう」は1963年に邦楽の歴史上唯一全米ナンバーワンヒットとなった奇跡の曲で、アメリカ人アーティストのカバーも多いです。しかしまぁ、日本語のままの歌詞でナンバーワンヒットというのは改めて考えてみるとすごい事ですね。優れた作品は、意味は伝わらなくても魂に伝わっていくものなのかもしれませんね。

るんるん2raumwohnung「Liebe」
2raumwohnungは2000年に結成されたドイツのエレクトリックポップユニットですが、この曲はテクノな感じではなく、とてもアコースティックで心地よい曲です。ギターの気持ちいい響きとけだるい感じのスキャットコーラスがいい感じですね。

るんるんAlison Brown「Look Left」
都会の哀愁を感じるような渋いジャジーなインストゥルメンタル。1994年の曲です。アリソン・ブラウンはアメリカのバンジョー、ギター奏者。

るんるんVladimir Cosma「Les Comperes」
1983年のフランスのコメディ映画「Les Comperes」のテーマ曲。飄々とした口笛が爽やかな中にセンチメンタルを覗かせる感じでいいですね。ウラジミール・コスマは映画音楽を多く手がけるルーマニア出身のフランス人作曲家、バイオリニスト。
タグ:音楽 洋楽
posted by 八竹釣月 at 12:28| Comment(0) | 音楽

2017年01月17日

鉱物学教科書(昭和7年)の博物画

この間の古本市で見つけた昭和7年(1932年)の鉱物学の教科書『中等鑛物界教科書』をご紹介します。この教科書はカラー図版も多く、内容も学術的な記述だけでなく、採掘の様子や、化石についても書かれていて、ページをめくっているだけで楽しくなってきます。

170117_minerals_01.jpg
『新選 中等鑛物界教科書』理学博士・加藤武夫著 富山房発行 昭和7年(1932年)
天青石といっしょに撮ってみました。右下の星形の模様のついた円盤形の石はウニの化石です。


170117_minerals_02.jpg
中扉

170117_minerals_03.jpg
「宝石と飾石」
レトロな印刷の風合いのある鉱物画に戦前の旧字体で名称が入っている感じがなんともいい感じです。電氣石の「氣」とか、蟲入琥珀の「蟲」の字とか、耽美なレトロ感にグッときますね。これらは宝飾に使われる石なので見た目にも華やかです。


170117_minerals_04.jpg
「非金属鉱物」
蛍石(フローライト)や燐灰石(アパタイト)、黒雲母など、幾何学的に奇麗に整った結晶の形がカッコイイです。鉱物の最大の魅力は、この幾何学的な美ですね。人間の生活圏にある自然は、曲線や不定形なものに満ちた世界ですが、地下の世界にはこのような正確に角度を守った直線や磨いたようなフラットな面に囲まれた鉱物が埋もれているというのは不思議な気持ちになります。地球という劇場は、そのバリエーション豊かな表現で、人間を飽きさせることがありません。


170117_minerals_05.jpg
「鉱石類(その一)」
工業的な用途に使われる鉱物は「鉱石」と呼ばれます。輝安鉱、方鉛鉱、黄鉄鉱など、メタリックに輝く結晶はどこかSFチックなニュアンスがあって面白いですね。


170117_minerals_06.jpg
「鉱石類(その二)」
シダの葉のような植物的な模様に結晶するしのぶ石は、ものによっては水墨画のような風流な絵画のように見える模様に結晶するものなどもあり、ピクチャーストーンという名前で目にすることもありますね。


170117_minerals_07.jpg
鉱物の中には、ある特定の方向に剥げたり割れやすい性質を持つものがあり、この性質を「劈開(へきかい)」といいます。紙のように薄くはがれる雲母などがソレです。図は、劈開の説明に添えられた方解石。


170117_minerals_08.jpg
電気石(トルマリン)の図。グリーンやブルーやピンクなど透明感のある奇麗な色のバリエーションのある石で、主に宝石に使われます。日本では福島県などで漆黒の電気石が産出されてました。

170117_minerals_09.jpg
方解石(カルサイト)の図。モース硬度は3とあまり硬くないので宝飾には使われませんが、色も形も様々なバリエーションがあり、鉱物コレクターに愛されている石のひとつです。

170117_minerals_10.jpg
蛍石(フローライト)の図。キューブが組合わさったような結晶の形がユニークな鉱物です。劈開で割ると8面体の可愛らしい形になります。最初から8面体で結晶することもありますが、かなりレアです。ピンク、ブルー、グリーン、パープルと、奇麗な色のバリエーションがあり、紫外線で蛍光する面白い性質のあるものもあるので、鉱物コレクターにとても人気のある石です。

170117_minerals_11.jpg
花崗岩の割れ目に結晶している様々な鉱物の図。(イ)は長石、(ロ)は水晶、(ハ)は雲母です。いろんな鉱物が固まって生えていて、鉱物の遊園地みたいな楽しい雰囲気ですね。こういう標本欲しいです。

170117_minerals_12.jpg
瀝青炭(れきせいたん)層中に直立して残る植物化石。瀝青炭というのはいわゆる石炭のこと。ジュール・ヴェルヌの物語に出てきそうなロマン溢れる眺めですね。鉱山の見学してみたいです。

170117_minerals_13.jpg
別子銅山(べっしどうざん)坑内採掘場。別子銅山は愛媛県新居浜市の山麓部にあった銅山で、1690年に発見され1973年(昭和48年)に閉山しました。この教科書は昭和7年のものですから、この当時は現役で採掘されてたのでしょうね。

170117_minerals_14.jpg
孔雀石(マラカイト)の図。緑色の石で、同心円状の縞模様が孔雀の羽に似ていることから孔雀石と名付けられました。模様も面白いですが、形も、ボールのような球状、ツララ状、針状など、採掘場所によっていろいろユニークな形のものが見つかったりしています。

170117_minerals_15.jpg
繊維状構造を示す赤鉄鉱(ヘマタイト)の図。

170117_minerals_16.jpg
中生代(約2億5217万年前〜約6600万年前)の化石。化石は、何億年も前の太古の生物の形状を現代にリアルに伝える時空を超えた記録であり、いわば過去の時間が結晶化した物体ともいえるでしょう。地下に埋もれている「地球の記憶」を、人間が発見するという行為は、地球が人間と言う器官を使って自らの過去を思い出そうとする行為でもあるような気がします。

170117_minerals_17.jpg
貨幣石の断面。まさにコインのような面白い形ですね。貨幣石は有孔虫の一種ヌンムライトの化石。
posted by 八竹釣月 at 09:47| Comment(0) | 鉱物

2017年01月09日

【音楽】50〜70年代レトログルーヴ

ふとゾンビーズの「Goin' Out Of My Head」が無性に聴きたくなったのをきっかけに、ついでにいろいろ好きな曲を集めてみました。

るんるんThe Zombies「Goin' Out Of My Head」
るんるんThe Zombies「Friends Of Mine」
ノスタルジックなメロディと心地いいコーラス、夢の世界に誘(いざな)うような心を優しく包み込むようなヴォーカル。60年代のポピュラー音楽はビートルズやボブ・ディランをはじめ目映い光を放つスターが満天の星空のように次々に現れた奇跡的な時代でしたが、その中で私が最も惹かれるバンドはゾンビーズです。ノスタルジーをキャッチーなメロディで表現する才能がとびきり秀でている大好きなバンドです。バンドの人間関係が原因で短命な活動でしたが、もしも長く続いていたらビートルズと双璧を為すような、時代を代表するバンドになっていたのではないかと想像しています。バンド名がエグいので食わず嫌いを量産してそうな気がします。これほど音楽性とかけ離れた名前のバンドも珍しいですね。

るんるんJoyce「samba do gago」
モダンなテイストのスキャットが気持ちいいです。ジョイスのボサノヴァは、文学のような味わいがあって、ブラジルのブリジット・フォンテーヌといった感じのアート性を感じますね。

るんるんThe Doors「Touch Me」
るんるんThe Doors「Alabama Song (Whiskey Bar) 」
ドアーズは60〜70年代を代表するアメリカのロックバンド。ヴォーカルのジム・モリソンのスキャンダラスなパフォーマンスやドラッグ依存などロックスターの破滅的な生き方の典型的なイメージを地でいっていますが、そのユニークな詩や深淵から聴こえてくるようなセクシーで神秘的な歌声は色あせぬカリスマを感じます。個性の塊のようなバンドながらも、曲調はとてもキャッチーなものが多いので、ふと聴きたくなる曲が多いです。

るんるんRoy Budd「Love Is A Four Letter Word」
るんるんRoy Budd「Hurry To Me」
ロイ・バッド(1947〜1993年)は英国の作曲家、ジャズピアニスト。上の曲「Love Is A Four Letter Word」は1971年の映画『狙撃者』のサウンドトラックに収録されている作品で、ハモンドオルガンのサイケ感が骨太のグルーヴにいい味わいを加味していますね。次の曲「Hurry To Me」はエンニオ・モリコーネの「ある夕食のテーブル」のサントラをアレンジしたもののようですね。レトロなスキャットがファンタジックな雰囲気を醸し出していて素敵なムードです。

るんるんMax Greger「Soul House」
ファンキーでサイケなグルーヴがかっこいいインストゥルメンタル。マックス・グレガーはドイツのジャズミュージシャン、サックス奏者。

るんるんJoe Carrol With The Ray Brown Quintet「It Don't Mean A Thing If It Ain't Got That Swing」
ジャズベーシストのレイ・ブラウン率いるアメリカのモダンジャズのユニット、ザ・レイ・ブラウン・カルテットが、ビバップ歌手のジョー・キャロルをフィーチャーした1956年の曲。ジョー・キャロルの破天荒なスキャットにシビれます。
タグ:音楽 洋楽
posted by 八竹釣月 at 07:35| Comment(0) | 音楽