2016年03月13日

鉱物標本

160313-minerals01.jpg

標本箱というのは普通に生活している中ではあまり見かけるようなものではなく、もっぱら過去の記憶の中にある学校の理科室の思い出を想起させるような、ノスタルジックなオブジェであります。だからこそこの非日常物体である「標本箱」というものを自室の日常空間に招き入れたいという願望がありました。そんなこんなで、いつのまにかそうした願望を反映して標本箱がひとつ、またひとつと増えてきましたので、今回はその中から手近にあった箱をひとつご紹介してみようと思います。

160313-minerals02.jpg
中国の湖北省黄石市にある大治鉱山から採掘された孔雀石。瑪瑙のように層状に堆積した孔雀石は標本でよく見ますが、このように細かい針状に集合したタイプはちょっと珍しいですね。

160313-minerals03.jpg
メキシコのチワワ (Chihuahua)で採れたアラゴナイト(霰石)。こんな感じで珊瑚のような樹木状の成長の仕方をする場合が多いので、山珊瑚とも呼ばれていますが、昔海だった場所から化石化した珊瑚が採れることもあり、そうしたものも山珊瑚と呼ばれてたりするのでややこしいです。

160313-minerals04.jpg
左上は中国産の緑鉛鉱、右上はメキシコのチワワ州ナイカ鉱山で採れた硬石膏。天青石が混じって空色に発色しています。左下はロシアのウラル山脈で採れた含クロムアメス石。細かい結晶が紫色にキラキラ輝いていてきれいです。右下はモロッコ王国のミブラダン、アトラス山で採掘されたバナジン鉛鉱。赤い六角形の結晶が群生している典型的なフォルムが可愛いです。

160313-minerals09.jpg

160313-minerals05.jpg
オパールの原石。エチオピアのデランタ産。夢の世界に誘(いざな)われるような七色に輝く神秘の石。見る角度によって様々な色が見える「遊色効果」が最大の魅力です。オパールはとくに日本人が好きな石のようで、日本はかなり巨大なオパール市場だそうです。

160313-minerals06.jpg
上のほうでも取り上げた含クロムアメス石を接写。

160313-minerals08.jpg
アメリカのコロラド州産のアマゾナイト。グリーンがかった空色の端正な結晶が魅力的です。アマゾナイトいえば、スモーキークオーツ(煙水晶)と共生しているタイプの標本が、ものすごくかっこいいですね。このタイプはすごい人気なので高騰してるようです。いい感じのコンビネーションを見せる鉱物には、自然の生み出す美術品という感じの貫禄がありますね。

160313-minerals07.jpg
椅子の写真に鉱物標本を座らせてみました。

160313-minerals10.jpg

160313-minerals11.jpg
ひとつひとつの鉱物もそれぞれに個性的な魅力がありますが、こうして標本箱の中に収められることで、集合としての新たな味わいがでますね。コレクションとは分類し整理する「編集する愉しみ」ですから、標本箱というのはコレクションという概念そのものの象徴なのかもしれないですね。
posted by 八竹釣月 at 13:09| Comment(0) | 鉱物

2016年03月12日

【音楽】En Un Momento

PAPA TOPOというスペインのデュオによる「En Un Momento」という曲、レトロフューチャーでブラッドベリな感じが思いっきりツボにはまり感動した勢いで、最近気になっている曲や無性に聴きたくなった曲などを交えて選んでみました。

るんるんPAPA TOPO「En Un Momento」
タイトルはスペイン語で「またたく間に」といった意味のようです。ダバダバスキャットにラップ、キュートでノスタルジックなメロディ、というツボつきまくりの名品!レトロSFな感じのPVもとても面白いですね。 パパトーポは2007年に結成されたアドリア・アルボーナとパウリタデ・マイズによるスペインのポップデュオ。スペイン語の歌詞を機械翻訳してみたら、宇宙飛行士との恋の思い出を詩的に描いた天体ロマンあふれる内容のようで、なかなかロマンチックでした。ブラッドベリの「ウは宇宙船のウ」を彷彿とするような感じのSFファンタジーな世界観が素敵です。レトロで宇宙ロマンな感じの曲というと以前ご紹介したJazzamorの「Spacecowboy」も名曲ですね。

るんるんThe Beatles「If I Fell」
るんるんThe Beatles「I Will」
久しぶりになんとなく聞きたくなったビートルズの曲。

るんるんTen Strings「Gymnopédie No.1」
るんるんTen Strings「Gymnopédie No.3」
ギターとチェロによるエリック・サティの名曲「ジムノペディ」の演奏。ジムノペディは、もともとはピアノ独奏曲として作曲された作品ですが、弦楽器のアレンジも深みと味わいがあって素敵ですね。

るんるんBig Horns Bee「Mission Impossible」
ミッション・インポッシブルのボサノヴァ風アレンジが楽しいです。ビッグ・ホーンズ・ビーは日本のブラスバンド。米米クラブのホーンセクションとして活躍していた実力派のバンドのようです。

るんるんPhillip Boa & The Voodoo Club「I Dedicate My Soul To You」
るんるんPhillip Boa & The Voodoo Club「30 men on a dead man's grave」
フィリップ・ボア&ザ・ブードゥークラブはドイツのニューウェーブ系ロックバンド。知る人ぞ知る80年代に活躍していたカルトなバンドです。大好きな曲「I Dedicate My Soul To You」は前に一度ご紹介しましたが、比較的音質が良くなったPV付きの動画が公式にアップされてたのでまたご紹介します。

160312-stamp.jpg
チェコスロバキアの切手
タグ:音楽 邦楽 洋楽
posted by 八竹釣月 at 13:29| Comment(0) | 音楽

2016年03月02日

キモノ・ファンタジア(その五)

昭和初期のモダンな着物美人のポートレイトをご紹介します。どれもスクラップされた状態で手に入れたものなので掲載雑誌などの詳細は不明ですが、時期的には戦前だと思うので、だいたい80年くらい前のものだと思われます。風流な美に癒されます。いろいろ色が付いてますが、これらはもともとの印刷されていたインクの色味です。一般大衆誌で一色ページにこうした色味のインクを使うのもこの時代らしい雰囲気があっていいですね。

160302_kimono5_01.jpg

160302_kimono5_02.jpg

160302_kimono5_03.jpg

160302_kimono5_04.jpg

160302_kimono5_05.jpg

160302_kimono5_06.jpg

160302_kimono5_07.jpg

160302_kimono5_08.jpg

160302_kimono5_09.jpg

関連ページ
キモノ・ファンタジア(その1) (その2) (その3) (その4)
タグ:着物 古本
posted by 八竹釣月 at 11:59| Comment(2) | 古本