2015年12月25日

機械の美学・1 「バレエ・メカニック」

機械の造形的な美は、時として彫刻などの芸術作品を上回る美しさを感じることがあります。機械の造形美は、ただの芸術的感性によるものではなく、実用を追求した果てに結果として生じるメカニカルな美であります。自動車やミシンなど、最初から美しく見栄えを繕う必然性のある機械ばかりでなく、一般の人目につくことのない工作機械や実験器具なども、あらためて見ると、なんてカッコイイのだろう、と思う事がしばしばです。そういうわけで、今回は機械のメカニカルな美をテーマにいろいろ書いてみようと思います。

「機械」というと、現代では高度に複雑化してますし、コンピュータ制御されたヒューマノイドなど見ると、どことなく「人間まで後一歩」と思ってしまうほどの「人間らしさ」を感じますが、むしろ、そうした現代のハイテクノロジーの機械よりも、昔の歯車主体のアナログなマシーンにレトロな異世界感を感じて惹かれます。昔の機械に対するイメージというと、歯車の組み合わせによる単純な動きのイメージから、システムに取り込まれて人間性を失っていく社会を風刺するためのアナロジカルな負のイメージとしてしばしば引用されてきたと思います。

映画でもフリッツ・ラングの「メトロポリス」やチャーリー・チャップリンの「モダン・タイムス」などで、機械はどこか「非人間性」の象徴のような扱いです。機械はそもそも自然に湧いて出たものではなく、人間が作ったものですし、人間の生活を豊かにしてくれる助っ人であるのが本来の姿です。しかし、社会が近代化していくほどに権力者が機械によって庶民を支配するというコミュニズム的発想がどうしてもついてまわることになり、そうした社会不安が、自らを束縛する権力への比喩として機械を敵とみなす雰囲気を形成していったのではないかと感じます。

そうしたネガティブなイメージを背負っているからか、機械というものには、どこか物悲しいムードすら感じる事がありますが、逆にそこがまた愛らしいというか、いたいけなものを感じるのであります。機械にもし心があるとすれば、それはその機械の作り手である作者の設計思想を引き継いだものになるでしょう。最近なんとなく思うのは、機械は「役に立ちたい」という心を持っており、ちゃんと正しく使ってあげることで喜ぶような存在なのではないか、ということです。

なんだか案の定とりとめがなくなってきましたが、そんな感じで、機械の美や面白さを感じるアートや写真などをご紹介していこうと思います。

雷バレエ・メカニック

151225-a-balletmecanique1.jpg
TVFernand Leger - Ballet mecanique (1924)
「バレエ・メカニック」は、フェルナン・レジェ制作、マン・レイ撮影、ジョージ・アンタイル音楽、という豪華なコラボレーションで作られた実験映画。ダリ&ブニュエルの『アンダルシアの犬』を彷彿とするシュールな映像ですが、こちらのほうが4年ほど先に作られているので、影響をうけているとしたら『アンダルシアの犬』のほうでしょうね。前衛環境ビデオのような感じで、物語によって映像が繋がっているのではなく、タイトル通り「機械の舞」をテーマにイメージの連想ゲームのようにリズミカルに連なる映像がユニークです。

正直にいえば、当時のアヴァンギャルド映画としてみても、「アンダルシアの犬」や「詩人の血」など優れた実験作品は他にありますし、それほど目を見張るものがあるわけではないのですが、それでも歴史に埋もれることなく現代でもたびたび取沙汰されるのは、やはりフェルナン・レジェ、マン・レイといった高名な芸術家がかかわっているということによるのもあるでしょう。そして、なんにしてもこの「バレエ・メカニック」という思わせぶりなタイトルの魅惑的な引力によるところも要因として大きいのではないでしょうか。内容は「アンダルシアの犬」のほうが(個人的な見解ですが)圧倒的に上ですが、タイトルのポエティックなインパクトは逆に「バレエ・メカニック」が格段に上ですね。会話や文章などに引用したくなるカッコよさがある、といいましょうか。坂本龍一も同名の作品を作曲していますが、フェルナン・レジェの元ネタの映像やジョージ・アンタイルの楽曲とはあまり関係なさそうな雰囲気の曲です。おそらく映像作品としての「バレエ・メカニック」に対する思い入れというよりは、ただこのタイトルをつけたかったという理由が大きいように感じます。これもまさに、「バレエ・メカニック」というタイトルの魔力の為せる技なのではないでしょうか。

坂本龍一のオマージュ的な作品もいいですが、やはりオリジナルの楽曲こそ「バレエ・メカニック」という響きと共鳴していて好みです。「音楽の不良少年」と称されたジョージ・アンタイルのこの音楽のモダンなカッコよさもまた、「バレエ・メカニック」を見過ごせない作品にしている要因のひとつだと感じます。約90年前の音楽ですが、「かつての前衛」という古びた印象を感じさせず、むしろスティーブ・ライヒなどの現代音楽を思わせる新鮮なインパクトを感じます。サイレンや飛行機のエンジンなども楽器として使われ、パンクな、というより、この時代的にいうとダダ的なチャレンジ精神に満ち満ちた傑作です。実験映画というと取っ付きにくい面がありますが、ある意味、ジョージ・アンタイルの音楽のプロモーションビデオという感じで鑑賞すると気楽に楽しめますね。

151225-a-balletmecanique2.jpg

るんるんジョージ・アンタイル作曲「バレエ・メカニック」の演奏
検索するとロシアやドイツの楽団による名演奏もヒットしますが、個人的にイトゥス・アンサンブルによる見た目にもユニークな2012年の演奏風景をチョイスします。巨大なプロペラがシュールです。これがただの飾りではなく楽器として使われるというのが凄いですね。1970年代以降の現代音楽ではこのような試みは珍しくないのですが、さらに遡ること1920年代、90年前にもこのような刺激的な音楽が存在していることが驚きです。考えてみれば、この時代はダダイズムやシュルレアリスムといった芸術表現全般に影響を与えることになる前衛表現が席巻していた頃ですから、そうした意味では音楽の分野でもこうした表現があってもおかしくはないともいえます。しかし、ただ奇をてらった前衛音楽というだけでなく、意外にしっかり「音楽」としての醍醐味があって、独特のグルーヴ感のある面白い曲になっているところが時代を超えて聞き継がれている所以だろうと感じます。

雷フェルナンド・ヴィセンテの機械人間

近頃ちらほらネットで目にするシュールなサイボーグの作品が気になって調べてみると、フェルナンド・ヴィンセンテ(Fernando Vicente)というスペインのアーティストによるものでした。自動車の部品を説明した古いポスターに人体を上手い事ペインティングしているようです。SFというより、もっと別の奇妙なニュアンスを感じますね。メカニックにレトロ感のあるところがツボです。強い異世界感覚を覚える不思議な作品ですね。
フェルナンド・ヴィンセンテの作品

151225-a-Fernando.jpg
解剖学的な機械人間を描く「アナトミアス(Anatomias)」シリーズより


雷アンソニー・ハウの風力芸術

151225-a-howe.jpg
TVアンソニー・ハウの「風力彫刻」

アメリカ、ユタ州出身のアーティスト、アンソニー・ハウによるユニークな「風力彫刻」シリーズをセレクトした動画のようです。風を受けて奇妙な動きをするメタリックな造形の驚異! 異次元の機械のようなシュールなフォルムと不思議な動きがたまりません。素晴らしいセンスとアイデアです。一度生で見てみたいものです。

雷太田螢一の「働く僕ら」

151225-a-otakeiti.jpg
鬼才太田螢一によるレトロ・メカニックをテーマにしたユニークな絵本「働く僕ら」(リブロポート 1991年)。文章も日本語と共にドイツ語も併記されていてムードがあります。機械とドイツというと、テクノの先駆け、クラフトワークが思い浮かびますね。ドイツといっても、この絵本の場合、旧東ドイツのイメージでしょうか。1920年代の華々しさと重い空気感が同居した不思議な時代を背景にした感じで、独特のインダストリアルなユートピア感が表現されていて面白いです。

太田螢一というと、戸川純、上野耕路とのユニット「ゲルニカ」のメンバーとしても知られますが、個性の塊のようなイメージと画風、まさに異界の絵師ともいうべきアーティストで、今年はデビュー35周年になるそうです。本家HPでは、画業35周年を記念した企画ページを用意されていて、過去の傑作をたくさん拝見できます。気になる方は要チェックです。

雷テスラ・コイルの放電シーン

151225-a-Nikola1.jpg

151225-a-Nikola2.jpg

テスラ・コイルの放電実験の様子。数百万ボルトの放電のすぐ近くで平気な様子で椅子に座っているニコラ・テスラの有名な画像ですが、この画像のインパクトは強烈ですね。アートパフォーマンスとしても一級のビジュアルで、実際にこういう実験を生で見てみたいです。ニコラ・テスラといえば、交流電流やラジオや蛍光灯などなど多数の発明で知られる天才発明家。彼の知名度は多大な実績のわりにマイナーなイメージもありますが、無線による送電システム発明が財閥の収益体制に打撃を与えるという理由でイルミナティに握り潰された、という陰謀論めいた噂とか、フィラデルフィア計画(テスラ・コイルを利用して巨大な駆逐艦エルドリッジをまるごと消失させたというミステリアスな都市伝説)にもからんだ人物であることから、なにかとオカルト界隈での知名度は圧倒的です。

テスラ・コイルの放電の様子を映した動画
posted by 八竹釣月 at 03:31| Comment(0) | 芸術

2015年12月22日

【洋裁】防寒実用毛糸編み物

昭和8年の洋裁本より、昭和モダンなニット少女の図像です。独特のケバケバしい色彩がシュールです。昭和初期のカラーページの写真は、だいたいこんな感じの不思議なイラストっぽい写真が多いですが、これはモノクロ写真を元に彩色しているからでしょうね。カラーフィルムが日本で普及しはじめたのは国産カラーフィルムが生産されるようになった昭和15年あたりで、それ以前はこんな感じで白黒写真を元に着色する手法がよく見られます。

151222-bou-01.jpg
『防寒実用毛糸編み物』(『婦人倶楽部』11月号付録) 大日本雄弁会講談社 昭和8年(1933年)

151222-bou-02.jpg

151222-bou-03.jpg

151222-bou-04.jpg

151222-bou-05.jpg

151222-bou-06.jpg

151222-bou-07.jpg
編み物のコツなどを説明しているページの写真の女の子。アールデコスタイルな髪型がお洒落ですね。

151222-bou-08.jpg

151222-bou-09.jpg
タグ:少女 古本 洋裁
posted by 八竹釣月 at 07:42| Comment(0) | 古本

2015年12月20日

【音楽】電話交換の女

最近見つけた曲や、ふと聞きたくなったお気に入り曲などを選んでみました。

るんるんAnnett Louisan「Drück die eins」
邦題は「電話交換の女」。60年代風の可愛い感じのスキャットが味のあるレトロ感を醸し出していていいですね。ウクレレも小気味いいです。アネット・ルイザンは2009年にデビューした人気沸騰中のドイツのシンガー。

るんるんDarlene Love「Strange Love」
るんるんDarlene Love「Wait Til My Bobby Gets Home」
アメリカのシンガー、ダーレン・ラヴの60年代の曲。メロディアスで可愛い曲調のノスタルジックなポップスです。

るんるんThe Merry-Go-Round「Pardon Me」
るんるんThe Merry-Go-Round「Missing You」
エミット・ローズ率いるザ・メリーゴーラウンドは60年代に活躍したアメリカのサイケデリック・ロックバンド。耳に心地いいキャッチーなポップスです。キンクスやゾンビーズを思わせる感じのメロディアスで郷愁感のある雰囲気が素敵ですね。

るんるんDuran Duran「Save A Prayer」
デュラン・デュランといえば言わずと知れた80年代ブリティッシュロック黄金期の代表的なバンドのひとつですが、そのイケメン揃いのビジュアルでも知られ、そうしたビジュアルなカッコよさが良くも悪くもアイドルバンド的なイメージがついてまわることになったと思います。彼らのほとんどのヒット曲はキーボード担当のニックが作詞、ヴォーカルのサイモンが作曲していて、こうして時を経てから聞き直しても、陳腐化することなくあいかわらず心地よく、彼らの音楽センスもそうとうなものであったことを思い知らされます。この曲は、彼らの曲の中では大人しめの落ち着いた曲で、幻想的な異空間に吸い込まれるような雰囲気がとても気に入っています。

るんるんThe Smiths「William, It Was Really Nothing」
るんるんThe Smiths「There Is A Light That Never Goes Out」
80年代の音楽は新時代の楽器としてもてはやされたシンセサイザーがやたら多用されてた感がありますが、そうした中で、ザ・スミスのアコースティックな音作りは独特であったと思います。音楽自体は小気味いいギターとボーカルのモリッシーのビブラートが印象的ですが、そうした音の印象とは対称的に、詞の内容は皮肉と毒舌にあふれ、そうとうに屈折したものである事もユニークなところです。

151220-girls.jpg
1957年のアメリカの絵本「On Cherry Street」から、ジョージ・ガーランドによる可愛い挿絵。
タグ:音楽 洋楽
posted by 八竹釣月 at 09:10| Comment(0) | 音楽

【洋裁】子供のあみもの

1956年の婦人雑誌「婦人生活」(同志社)の付録「子供のあみもの」から、かわいらしい少女服をいくつかピックアップしてみました。

151220-amimono-01.jpg

151220-amimono-02.jpg

151220-amimono-03.jpg

151220-amimono-04.jpg

151220-amimono-05.jpg

151220-amimono-06.jpg

151220-amimono-07.jpg

151220-amimono-08.jpg

151220-amimono-09.jpg
タグ:少女 古本 洋裁
posted by 八竹釣月 at 00:28| Comment(0) | 古本

2015年12月13日

謎めく文庫

今回は、別世界から紛れ込んできたような不思議なテイストの文庫本のコレクションをご紹介します。どれも好きな表紙デザインを選んでるだけで、内容は必ずしも好みとは限りません。

151213-candy.jpg
『キャンディ』テリィ・サザーン 角川文庫 1970年
異色のエロティック・ナンセンス・コメディ映画『キャンディ』の原作。カバーは映画化された作品のスチール写真を使用したデザインのようです。大胆な色使いと可愛いロゴがいいですね。


私にとっての本の魅力というのは、書いてある内容の如何は当然として、それ以上に本としての存在感にあります。存在感のある本というのは、中身を読む前に強烈な何かを感じます。それは、主にタイトルや作家名、そして表紙絵や題字のフォントなどデザイン的なところから、紙の種類やエンボスなどの特殊印刷からにじみ出る装丁の味わい、また、本自体が新しいのか古いのかによっても、本から感じるバイブレーションは変わってきます。

151213-hisao.jpg
教養文庫の久生十蘭傑作選シリーズ。画家の司修による幻想的で秀逸なカバーデザイン。(社会思想社 1976年)

151213-sade.jpg
マルキ・ド・サドの『悪徳の栄え』(1969年刊)と『美徳の不幸』(1970年刊)。どちらも澁澤龍彦翻訳 角川文庫
澁澤のサド翻訳は富士見ロマン文庫や河出文庫などいろいろなところから出てますが、この角川の耽美なレオノール・フィニの絵画を表紙にしたバージョンが好みです。


その本がそこにただあるだけで周囲の空気がふっと変わってしまうような、そんな不思議な雰囲気を醸し出す本が好みです。今回のチョイスは、そんなミステリアスな気分にさせてくれる文庫本たちです。文庫本は、ほとんどの場合はカバーの紙の種類や、デザインのフォーマットが出版社ごとにあらかじめ決められていますし、版型は全ての出版社で一律なわけですから、表紙デザインの重要度がとても高いジャンルです。そしてなにより、安価でもあるので、ジャケ買いならぬ表紙買いしたくなる衝動にかられることがしばしばあります。

151213-yapoo.jpg
『家畜人ヤプー』沼正三 角川文庫 1972年
表紙画はエロスと幻想の画家、村上芳正の作品。中身の本文でも挿絵も描いています。村上芳正は、その類い稀な退廃のエロティシズムの表現で知られ、三島由紀夫や澁澤龍彦などの本をはじめ異色の作家の装丁や挿画でよく見かけますね。


151213-jingai.jpg
『人外魔境』小栗虫太郎 角川文庫 1978年
カバーの奇妙でシュールな鉛筆画は、後に鉄のゲージツ家として名を馳せることになるクマさんこと篠原勝之によるもの。この当時は唐十郎の劇団『状況劇場』の美術担当をしていた頃で、この時代のクマさんの繊細で幻想的な鉛筆画はとても素晴らしく大ファンです。


151213-moudouken.jpg
『盲導犬』唐十郎 角川文庫 1974年
カバーの奇妙な味のあるコラージュは画家の合田佐和子によるもの。合田佐和子は当時は寺山修司の劇団『天井桟敷』でも宣伝美術や舞台美術などを担当していたりしてました。種村季弘の本の装丁でも良い仕事をしてましたね。独特の耽美的なシュルレアリスムテイストが魅力的なアーティストです。


文庫本という出版形式を世に広めたのは岩波文庫によるものだそうで、今でも岩波文庫は安価に本を提供し庶民の教養と文化への貢献をにない、日本人の教養を高める重要な役割を負っている老舗ですね。そうした教養人のための存在から、今のような誰もが楽しめるエンターテイメントの一種として文庫本が存在するようになったのは映画とのメディアミックス戦略などで70年代あたりに一大ブームをまきおこした角川文庫の存在が大きいように思います。横溝正史のシリーズで、杉本一文がカバー絵とデザインを手がけたものや、夢野久作の作品を手がけた米倉斉加年の表紙絵とデザインのものなど、角川文庫のデザインには傑作が数多いですね。あと好きなのは創元推理文庫のデザインで、味のある表紙が多いだけでなく、猫とか時計とか拳銃とかのジャンルを区別するアイコンもムーディーです。

151213-kaneko1.jpg
151213-kaneko2.jpg
惜しくも先頃急逝なさってしまった金子國義デザインによる富士見ロマン文庫のシリーズ。世界のエロティック文学を発掘紹介してきた富士見ロマン文庫、デザインが上品で、大人の秘密の書庫といった雰囲気がたまりません。金子國義以外にも池田満寿夫もデザインを手がけていたようです。

151213-kaneko3.jpg
『金子國義・富士見ロマン文庫コレクシォン』2003年 ステュディオ・パラボリカ
雑誌『夜想』などの版元で知られるステュディオ・パラボリカから発行された限定1000部のコレクターズアイテム。金子國義が手がけた富士見ロマン文庫の表紙デザイン全64点がカードになっています。富士見ロマン文庫は1977年から1991年に渡り200冊近くの刊行を続けてきたそうですが、絶版にともない、金子デザインのあのシリーズが書店から消えていくのを惜しむファンの声も多かったようです。さすがに表紙だけのために文庫をコンプリートするのは大変ですから、こうした企画モノはうれしいです。


151213-kaneko4.jpg
金子國義本人がアートディレクションを担当しています。箱を開くと妖しく美しい金子ワールドに誘われます。

最後にこんな事を言うのもなんですが、私は文庫はあまり買わないタイプです。小説より趣味系の本、文字より図像が好きなので。だからこそ文庫はコレクションが少ないだけに選びやすい、というのがあって、今回は不思議テイストの文庫本をご紹介することにしました。
posted by 八竹釣月 at 22:40| Comment(0) | 古本