2015年06月19日

Come To The Sunshine

ハーパーズ・ビザールといういい感じのバンドを知ったのでご紹介、ついでにふと聴きたくなった曲などを加えて選んでみました。

るんるんHarpers Bizarre「Come To The Sunshine」
ハーパーズ・ビザールは60年代後半から70年代にかけて活躍したアメリカのバンド。60年代の音楽を漁っていたときに偶然知った掘り出し物バンドです。優しく包み込むようなボーカル、ドリーミーなパラダイス感覚あふれる凝ったアレンジ、心地いい音空間に浸れます。これほど質の高いアーティストでありながら、それに見合った認知度が無いのが不思議です。1967年のデビューアルバム「Feelin' Groovy」から聴きはじめていますが、しょっぱなから名盤ですね〜 ほとんど捨て曲無しの傑作揃いです。どれもいいですが、「Raspberry Rug」「I Can Hear Darkness」などイイですね。

るんるんThe Cherokees「Minnie the Moocher」
ベティ・ブープのアニメで使われたことで大ヒットしたキャブ・キャロウェイの1931年のジャズナンバーをロックな感じにかっこよくアレンジした1967年の曲。大人の色気を感じるカッコよさにシビれます。

るんるんMary Lou Collins「I've Got An Awful Lot Of Losing You To Do」
1969年の曲。切なく可愛くしっとりしたメロディが耳に馴染みます。

るんるんAndrew Lloyd-Webber「Theme And Variation 1-4」
英国の作曲家アンドリュー・ロイド・ウェバーとチェロ奏者である彼の弟ジュリアン・ロイド・ウェバーによるクラシックとロックを融合させたユニークな楽曲。

るんるんStrawberry Switchblade「Since Yesterday」
なんとなくふと聴きたくなった曲。パンクな見た目に似合わずとてもキュートな感じの曲ですね。この1984年のヒット曲は日本では「ふたりのイエスタディ」というタイトルで大ヒットしました。

るんるん三保敬太郎「11PMのテーマ」
夜が大人の時間だった時代を象徴する娯楽番組「11PM」のテーマ曲。ウッドベースのアダルトなグルーヴと、スキャットのコーラスが妖しいエロス感を醸し出していますね。作曲者の三保敬太郎は東京生まれ東京育ちの生粋の都会人で、稀代のプレイボーイでもありました。作曲だけでなくジャズピアニストでもありレーサーでもあり俳優でもあり映画監督でもあり・・・とマルチな活躍をした異才。この曲からも、そうした人生を遊び尽くした三保敬太郎のにじみ出るセンスが伺えます。

P5040029_2.jpg
タグ:音楽 邦楽 洋楽
posted by 八竹釣月 at 14:07| Comment(0) | 音楽