2015年01月28日

フラクタル・トリップ

異世界を探検しているような不思議な気分にさせてくれるフラクタル動画の中から、グッときた作品をいくつか紹介させていただきます。

フラクタル幾何学というと、当初のマンデルブロ集合やジュリア集合などの二次元の複雑怪奇な図形だけでなく、昨今ではコンピュータのスペックの驚異的な進化によって三次元に展開されたフラクタル造形をより身近に鑑賞する機会が増えてきたように感じます。ネットにも興味深い立体的なフラクタル造形をたくさん見かけるようになり、ますます凝った表現を見かけるようになりました。90年代あたりに、通称ビデオドラッグという、サイケな幾何学的図形を万華鏡のように変化させたような単純な動画が流行りましたが、昨今見かけるフラクタル動画はまさに現代のビデオドラッグといった感じですね。
フラクタルの面白さは、繰り返しの演算を基本にした一見単純な仕組みでありながら、このような生物のような有機的なカタチを生成出来てしまう事です。木の葉が、その本体である樹木の形状とソックリなのは多くの人が経験したであろう子供の頃の小さな発見のひとつですが、こうしたフラクタルの基礎概念である自己相似形は、自然界のあらゆる所に見いだされるように、自然の多様性を読み解く鍵になる数学的な概念なのでしょうね。

目UNIVERSO FRACTAL
アンコールワットみたいな異世界の遺跡っぽい雰囲気の3Dフラクタル映像。空気の層の表現によって実際の風景のようなリアリズム溢れる映像になっていて吸い込まれるような世界観が素晴らしいです。20分近い力作ですが、映像演出も凝っていて、序盤の遺跡っぽい感じから未来的な異世界観、原始生命が満ちた古代の海底のようなイメージなど、様々な切り口のフラクタル造形が見事です。こうした映像は、凝ったビジュアルでありながら、物語などの"思考"を刺激する要素がないので、フルスクリーンで瞑想用にボーッと眺めるのもいいですね。

目Like in a dream
干上がった海底に散乱した藤壷みたいな光景や、ギーガーの絵に出てきそうな有機的な曲線によって構築された建造物みたいな景色、ダークファンタジーな感じの魔界の遊園地といった風情ですね。

目Morphy's World
立体化されたフラクタルイメージの面白さを自由に表現した感じですね。不思議な世界にトリップします。

目Orion - Spacy Trip
タイトルからすると、遠い宇宙のどこかにある惑星の、高度に発展した都市の風景をイメージしているのでしょうか。

目Living Planet
これもどこか遠くにある不思議な惑星のイメージのようです。造形もさることながら、動きが不気味で面白いですね。まさに魔界のような様相です。

YouTubeでこの手の動画を検索すると必ずヒットするのがKrzysztof Marczakさんの驚異的なフラクタルCGアニメの数々です。3Dフラクタル作成アプリ「Mandelbulber」の作者で、自作のアプリによって生成した数々の素晴らしい異世界の壮大な風景を動画にして公開しておられます。
Krzysztof Marczakさんのサイト「Mandelbulber」

以下は、Krzysztof Marczakさんの再生リストから個人的に気に入った作品をピックアップしました。

目Trip to center of hybrid fractal
脅威の空間。バロック建築のような細かなディティールが壁面に無限に増殖していく不思議な光景に吸い込まれていくようです。文明がとめどなく発展し続け、惑星の内部にまで人類が繁殖していき地下に壮大な都市が構築されている、みたいな感じでいろいろ想像すると楽しいですね。有機的な形状とメタリックな色合いのせいか、どことなくギーガーの描く世界のようなディストピア感がたまりません。

目Mandelbox trip
無重力空間に浮かぶ石造建築の廃墟のような感じですね。無限に入り組んだ巨大キューブの内部が圧巻です。

目IFS fractal morph and flight
壮大な空中庭園。上下左右の概念の無いエッシャーの庭園(「相対性」などの絵)を無限に拡張したような光景ですね。
posted by イヒ太郎 at 06:15| Comment(0) | 数学

2015年01月23日

世界の救い方

北海道でロケット開発に挑む町工場を営む市井のヒーロー植松努さん。まさにザ・ニッポンな感じで、その夢を追い続けるひたむきな語りに感動します。

「思うは招く」植松努

宇宙のロマンという個人的な夢をベースに語りつつ、やがてその血肉の通った体験から紡がれる普遍的で深い人生哲学に魂を揺さぶられました。「どうせ無理」という安易で、そして最も破壊力を持った言葉が、人間から自信を奪い、あらゆる夢への「諦め方」を刷り込んでしまう。この「どうせ無理」という、あらゆる人を蝕む毒素から世界を救う方法に植松さんは言及していきます。創造する事の意義や価値を考えさせられると同時に、そうした創造へチャレンジするための基盤になる「自信」の重要性についていろいろ考えさせられます。根拠などなくてもまず自信を先にもってしまうくらいでちょうどいいのかもしれません。こういう例もあるみたいですし。
posted by イヒ太郎 at 07:38| Comment(0) | 雑記

2014年12月24日

シークレット・サンタ

クリスマスなのでクリスマスをテーマにコレクションを引っ張り出してきました。

2014_x_mas_01.jpg
UFOで聖夜の空を飛び回るサンタさんの絵葉書

2014_x_mas_02.jpg
まずは「少女世界」(大正8年12月 発行:博文館)の12月号から、大正時代のクリスマスの光景をピックアップしてみます。表紙の可愛らしい絵は大正〜昭和初期に活躍した童画家、本田庄太郎。

2014_x_mas_03.jpg
同上。目次。

2014_x_mas_04.jpg
今日はたのしいクリスマスです。花子さんも雪子さんも美知子さんも、お友だちと教会に参りました。みんなで賛美歌をうたって、いま余興の遊戯がはじまった所です。あとで、サンタクロースの贈り物を、みんな分けていただくのです。
画:本田庄太郎


2014_x_mas_05.jpg
絵さがし
クリスマスの日にサンタクロースは俊子さんへの贈り物を大きな袋に入れて、うんとこうんとこと担いで来ました。中に何があるでしょうか。この絵の中から捜し出して下さい。

巻末の懸賞クイズです。隠し絵のようで、右上の屋根にお伽噺の本、サンタの腕と袋にかけて女の子の人形が隠れていますね。
画:本田庄太郎


2014_x_mas_06.jpg
「アサヒグラフ」(昭和4年12月25日 第30巻 第26号)の表紙写真。ふたりのお洒落なセーラー服のおかっぱ小学生がクリスマスツリーの脇でサンタ人形らしきものを手に遊んでいる様子。

2014_x_mas_07.jpg
同上、クリスマス関連の記事。

2014_x_mas_08.jpg
2014_x_mas_09.jpg
今年、特別のクリスマス・プレゼント
毎年毎年クリスマスプレゼントは同じ物ばかりで、皆様がお飽きになったとおっしゃいますから、コドモグラフでは何か良い思いつきが無いかと、サンタクロースのおじさんに相談しましたら、やっぱり靴下の中はチョコレート、ボンボン、キャラメル、玩具が昔から決まっているから、それになさいと、おじさんはとても頑固です。
それならご相談は申しませんと、こちらも少し腹が立ちましたから、いろいろ考えましたが、皆様のお気に召すようなものがありません。
だもんですから、不思議に毎晩夢を見るのです、もちろんクリスマスプレゼントのことばかりでございます。
ところがいよいよ明日の晩はクリスマスという、前の晩夢を見ていると、枕元で犬の子がクンクンと鳴いています。夢かなと起きて縁の下を捜すと、なんと可愛い犬の子ではありませんか。
あぁ、これだとたちどころに皆様へ差し上げる今年特別のクリスマスプレゼントができたわけでございます。


2014_x_mas_10.jpg
「アサヒグラフ」(大正15年12月)


最後に、とても心温まるイイ話。
プレゼントシークレットサンタ( その1 その2 その3 )

ラリーさん、凄い人ですね。結局人生というのは、いかに多く貰えるかではなく、いかに多く与えられるか、と生きた人だけが、自分の人生の主人になれるのでしょうね。貰う人生には相手がいりますが、与える人生なら自分が主人公になれるような気がします。こうした無償の愛の実践はキリスト教の思想が根底にあるのでしょうね。シークレットサンタのエピソードが、ただの美談を超えて注目したい部分は、「与えたものが思いも寄らぬカタチで返ってくる」展開です。当初は自分も貧しい中で行われたシークレットサンタ活動ですが、与えれば与えるほど何故か仕事が順調に進み豊かになっていくという奇跡が起き、やがてラリーさんは富豪になっていきます。まさに「情けは人のためならず」、善意は巡り巡って自分を豊かにしてくれるものなのでしょうね。

与えよ。そうすれば、自分にも与えられるだろう。
ルカによる福音書6章38


まさに聖書の教えを地でいっていますが、この不思議な運命の法則「与えたものが返ってくる」はスピリチュアルな思想でもよく言われていますね。エックハルト・トールも著書「ニュー・アース」の中で、上記の聖書の引用をしながらこのような事を言っています。


世界が物惜しみをして与えてくれないと思っているが、実は自分自身が物惜しみをして世界に与えないでいる。
なぜ物惜しみをするかと言えば、自分は小さくて、何も与えるものがないと奥深いところで信じているからだ。
次のことを何週間か試して、結果がどうなるかを見ていただきたい。人々が物惜しみをして与えてくれないと思っているもの――賛辞、感謝、援助、愛情をこめた気遣い、等々――を自分から他人に与えるのだ。そんな持ちあわせはない、って?あるようにふるまえばよろしい。そうすれば出てくる。そして与え始めるとまもなく与えられるようになる。与えないものは受け取れない。出力が入力を決める。世界が物惜しみをして与えてくれないと思っているものは、あなたがすでにもっているのに出力しようとしないもの、それどころかもっていることを知らないものだ。
エックハルト・トール「ニュー・アース」


善い行いというのは、道徳的だからとか、誰かに褒められたいからとか、いい人に見られたいからとか、そうした事で人類に推奨されていることではなく、まして、権力者や政治家が下々の民衆をコントロールしやすくするため、という陰謀論的なものでもなく、ただただ精神的にも物質的にも人間にとって最大の有益な事であるから、というシンプルな理由によるものなのかもしれませんね。

ラリーさんの遺志は現在でも引き継がれているそうで、そんな数多のシークレットサンタさんのひとりがネット上で話題になってました。元になっている記事は2011年のものですが、今年のクリスマスもきっとどこかの街で無償の愛を配って歩いてることでしょう。一年に一度、何の理由が無くても、ちょっぴり気恥ずかしくても、「クリスマスだから」という理由だけで誰かにほんのちょっとでも優しくなれる日なのだったら、それだけでクリスマスは祝われるだけの値打ちの有る日なのだなぁ、と思いました。
posted by イヒ太郎 at 21:23| Comment(0) | 古本

2014年12月22日

令女界

女性雑誌「令女界」(大正15年[1926年]8月 発行:寳文館)より、大正浪漫なページをいくつかご紹介します。

reijo_11.jpg
竹久夢二の描く可愛らしい着物少女。夢二といえば絵だけでなく、その生き方も含めて大正時代の文化を象徴する人物といえるでしょう。現代では林静一が夢二テイストを受け継ぐ絵師ですね。

reijo_10.jpg
これも夢二の絵。左上の少女がなんとなくつげ義春の漫画「紅い花」「もっきり屋の少女」などに出てくる女の子に似てて可愛いですね。

reijo_06.jpg
夏の夕暮れ、団扇を手にしたお下げ髪の少女。風流ですね〜 簾や風鈴や柳など、まさに日本の夏といった感じですね。

reijo_07.jpg
アールデコの様式を土台にしながら情緒ある女性美を表現した蕗谷虹児。この人も大正昭和を代表する天才画家のひとりですね。

reijo_04.jpg
街路に佇むお洒落なパリジェンヌ。これも蕗谷虹児の絵です。

reijo_09.jpg
須藤しげるの描く耽美世界。文章のほうも彼の筆によるもののようですね。この時代は、須藤しげるをはじめ、蕗谷虹児、竹久夢二など、絵師も絵だけでなく文才も兼ね備えていて素敵です。

reijo_01.jpg
こちらも須藤しげる画。この人のタッチは後の中原淳一の登場を予言しているような可愛らしさの表現をかいま見ることができます。優れた絵師だと思いますが、あまりまとまった画集を見かけないですね。

reijo_03.jpg
巻末の自社広告。モダンなフォントで少女小説のタイトルがズラリと並んでいます。フォントのデザインもいいですが、タイトルがどれも素敵な感じで、その題名を名付ける詩的センスに注目してみました。「貝殻幻想」とか「蝕める花」など、本棚に並べたらさぞや気分いいだろうなぁと思わせる秀逸なタイトルですね。
posted by イヒ太郎 at 05:47| Comment(2) | 古本

2014年12月20日

イップ・マン

ブルース・リーの師匠だったという実在した伝説の武術家イップ・マンの人生を描いた映画が数年前に公開され、カンフー映画としては日本でもひさびさのヒット作だったそうですね。私はいまさら知りましたが、YouTubeでいくつか断片的な映像を見て、主演のドニー・イェンのアクションにいっぺんで惹き込まれてしまい、衝動的に「イップ・マン 序章」「イップ・マン 葉問」「イップ・マン 誕生」の3本を借りてきて立て続けに鑑賞しました。さきほど見終わった所ですが、いや〜超絶面白かったです。時代背景が戦争をまたいでいるので、「序章」では反日的なシーンもありますが、拳法のアクションの見事な演出に目を奪われっぱなしで、それほど嫌みな描写という印象は個人的にはなかったです。ソコはやはりアクション映画ですから、悪役はそれなりにキチンと嫌なやつとして描かれていないとカタルシスを作れないですから、ある意味お約束だと思うしかないですね。「序章」では日本人、「葉問」ではイギリス人が悪者として出てきますが、かなりトンデモなキャラに描かれてますし、忠実な自伝映画ではなく、かなりフィクションを混ぜてそうな感じですね。イップ・マンという実在の人物をモデルに描くヒーローモノとして見たほうが良いでしょう。ただ、実際イップ・マンは当時日本軍にそうとうヒドイ目にあわされ、「(詠春拳を)日本人には教えてはならない」と遺言を残したほどだったそうですから、ブルース・リーが学んだ拳法という圧倒的なアドバンテージがありながら詠春拳が日本では耳慣れない拳法である理由も、そうした事情が関わっているのかもしれません。

格闘技とか全く詳しくないですが、中国武術(カンフー)って単なる格闘術というだけでなく、独特のユニークな「型」が魅力です。その絵になる「動き」の美しさはまさに映画向きで、香港映画だけにとどまらず「マトリックス」をはじめ世界中のアクション映画に絶大な影響を与えていますね。「北斗の拳」「男塾」などもそうですが、少年漫画でも定番ともいえるほどカンフーアクションは浸透してます。演出面ではワイヤーアクションで現実ではありえないような動きまで表現するところも面白いですし、型を演じる動作にいちいちブオッ!ブオッ!という風を切る摩擦音が入るのも気持ち良くて好きな演出です。今回のイップ・マン演じるドニーの操る詠春拳は女性武術家が創始した流派のようで、俊敏な動きの中に流麗な美しさを感じますね。「イップ・マン 葉問」ではドニー・イェンVSサモ・ハン・キンポーという興味深いバトルも見所です。というか全てのバトルシーンがかっこ良くて美しいです。ドニー・イェンの演技はこの映画で見たのがはじめてですが、目にも留まらぬスピードの中に何か静けさと色気を感じる個性的なアクションは新時代のカリスマ性を感じ、とても楽しませてもらいました。

「イップ・マン 序章」のワンシーン。
武術の街、広東省仏山市に突如現れたガラの悪い道場破りが街一番の使い手であるイップ・マン宅に押し掛け、そのままバトルに突入した場面です。秒単位で計算されつくしたアクション演出が素晴らしい。こんな感じの胸躍るアクションシーンが序盤からクライマックスまでバランス良く配置され、構成も見事なものです。このシーンでは、イップ・マン宅のインテリアも実に趣味がよく、不思議な形の奇石の置物や盆栽、円形の飾り棚などのオリエンタルな小物とアールヌーボー調の建具やシャンデリアなどの洋風デザインがいい感じに融合していて、こんな家に住んでみたいと思わせる趣味人っぽい豪邸にも惹かれます。美術さんもいい仕事してますね。

ipman.jpg
「イップ・マン 序章」のワンシーン。物語的には重要ではないシーンですが、テーブルの上に置かれたユニークな奇石の置物に思わず反応してしまいました。イップ・マン宅の描写では、そこかしこに不思議な置物があって面白いです。建物や景観やインテリアなどなど、オリエンタル情緒あふれる美術も見てて楽しいです。

大好きなシーン。「イップ・マン 葉問」の序盤のワンシーンです。仏山市から香港に移ってきたばかりの頃、生活のために道場を始めるイップ・マン。門下生がひとりもいなくて悶々としているときに現れた第一弟子との出会いを描いたシーンです。ちょうど、ケンカ自慢の若者が「俺に勝ったらとりあえず稽古代を払う」とイップ・マンを挑発し手合わせを始めるところからの場面ですが、その圧倒的な強さにプライドを傷つけられ不良仲間を連れて復讐に来ます。が、あっという間に彼の詠春拳で制圧され、それによって完全に降参した若者は素直に土下座して弟子入りを懇願、この後にすぐ残りの不良たちも次いで土下座して弟子入りを希望します。これにより道場経営がやっとスタートするというイイ展開に繋がります。それにしても速くて美しいほれぼれするアクションです。カンフー独特の技巧的な魅せる格闘術を鮮やかに表現していますね。

ドニー・イェン主演の「イップ・マン」2作(「序章」、「葉問」)によってイップ・マン・ブームのような感じになったようで、イップ・マンのエピソードをモチーフにした映画が続々と作られましたが、今回見た「イップ・マン 誕生」もそうした作品のひとつです。こちらはドニー・イェンではなくデニス・トーが若かりし頃のイップ・マンを演じていますが、こちらもなかなかに良いアクションを見せてくれます。「序章」より若い時期、幼少から描いていてこちらもすごく面白いです。「誕生」でもあからさまにトンデモな日本人の悪者が出てきますが、道場のお家騒動や「詠春拳とは何ぞや」的な蘊蓄も描かれていて楽しいです。幼なじみの女の子と富豪のご令嬢との三角関係といううらやましいモテっぷりも描かれ、どこか矢吹ジョーっぽいストイックなロマンスが武術家らしいエピソードです。去年の近作では「グランドマスター」、晩年を描いた「イップ・マン 最終章」なども作られており、まだまだブームは続いているようですね。
posted by イヒ太郎 at 09:56| Comment(0) | 映画