2018年07月13日

【音楽】レトロ・グルーヴ!

最近聴いているかっこいいレトロサウンドの音楽やふと聴きたくなったオールディーズの名曲などをいくつか選んでみました。

るんるんArmando Trovajoli「L'arcidiavolo」
めちゃくちゃかっこいい!グルーヴィーなベースのフレーズが一気に心をつかんできますね。この曲は1966年の同名のイタリア映画のテーマ曲です。アルマンド・トロヴァヨーリ(1917〜2013)は映画音楽の分野で知られるイタリアの音楽家。こんな感じのグッとくるベースの曲というと、リズ・ブレイディ(Liz Brady)の同年(1966年)のヒット曲「Palladium (The Hip)」を思い出します。トロヴァヨーリのモンド感のあるレトログルーヴは日本でも1990年代に脚光を浴び、フリッパーズ・ギターのヒット曲「恋とマシンガン」での特徴的なスキャットはトロヴァヨーリの「黄金の7人」にアイデアを得たものであるとか、そういった話題でも注目されてましたね。

るんるんFred Van Zegveld「Dynamite」
こちらもベースがうねりまくるノリノリのイカス曲です!フリーキーなハモンドオルガンとギターが怪し気なモンド感を出しつつパンチの効いたサイケなかっこよさを醸し出しています。フレッド・バン・ゼグヴェルトはオランダのオルガン奏者のようですが、ざっと検索してみても情報は少なく、アルバムもこの曲が収録されている1969年の同名のアルバム『ダイナマイト(Dynamite)』やオランダのレアグルーヴのコンピレーションアルバムくらいしか見当たりませんね。

るんるんThe Dave Pike Set「Got The Feelin'」
こちらも気持ちいいレトログルーヴですが、ファンクな感じの聞き覚えのある曲だなぁ、誰かの曲に似てるなぁ、と考えながら聞いてて思い出しました。そう、ジェームズ・ブラウン作詞作曲の名曲「I Got The Feelin'」です。オリジナルのパワフルなJBの歌付きの楽曲も超かっこいいですが、このデイヴ・パイク・セットのサイケなカバーも面白いですね。

るんるんThe Rob Franken Organ-Ization「Black Jack」
うねるベース、サイケなオルガンがたまらない1969年のファンキーな曲です。ロブ・フランケン(1941-1983)はオランダのジャズ・ピアニスト、ハモンド・オルガン奏者。主にドイツでセッション・ミュージシャンとして活躍していたようです。この曲はビートルズの「フール・オン・ザ・ヒル」「マザー・ネイチャーズ・サン」「オブラディ・オブラダ」のカバーを含むアルバム『オブラディ・オブラダ(Ob-La-Di, Ob-La-Da)』に収録された曲で、アルバムも全体的にいい感じです。この曲の出だしの期待感をそそるギターのフレーズで、ふとThe Quantic Soul Orchestraの「Hold It Down」を連想しました。こちらは2003年のモダンなファンクですが、負けず劣らずカッコイイですね。

るんるんBrigitte Bardot「C'est une bossa nova」
包み込むようなボサノヴァのメロディに溶けこむような甘い歌声が素敵ですね〜 ブリジット・バルドーといえばフランスの有名な女優ですが、歌手としても魅力的な作品が多いですね。最近は動物愛護活動などの社会運動で時折耳にしますが、昨今のMeToo運動については批判的見解を述べてるそうで、そうした一筋縄でいかない感じがフランス人、というかパリ人っぽいですね。

るんるんDoris Day「Whatever Will Be Will Be (Que Sera, Sera)」
ドリス・デイの代表曲にして不朽の名曲「ケ・セラ・セラ」です。ヒッチコックの映画『知りすぎていた男(1956年)』の劇中でドリス・デイがこの歌を唄うシーンは映画史に残る名シーンですね。わずか2分弱の歌の中で世代をまたいだ壮大な人生の物語が描かれていて、詩の可能性を感じさせてくれます。何度も繰り返されるスペイン語かフランス語っぽい感じの印象的なフレーズ「ケ・セラ・セラ」は、実は何語でもない架空の造語だそうで、そうした意味ありげで無さげな悪戯っぽい遊びも味わいを深めていますね。

180713-music.jpg
タグ:音楽 洋楽
posted by 八竹釣月 at 08:40| Comment(0) | 音楽

2018年06月09日

紙もの展示室

180609_kamimono_01.jpg
包装紙、切符、栞、絵葉書など、本以外の雑多な脇役的な紙製品は俗に「紙もの」と呼ばれ、古書店、古書市などでよく見かけます。当時ではただの紙くずとしてしか扱われなかったような商品のパッケージや瓶のラベルなども一定の時を経ると突如として魅力あふれる宝物のように輝きだしてくるのが面白いです。捨てずにちゃんと残して採っておいていた人がいるから今そうしたものを手に出来るわけですが、そう考えると、「これは後世に残すべき!」とまではいかなくても、それなりにボンヤリとした使命感のようなものがコレクター気質の人にはあるような気がしてきます。と、まぁそんなわけで、なんとなく集めていた雑多な紙ものが部屋を整理してたら出てきたので、今回はそうした紙ものコレクションの中から適当にご紹介します。

180609_kamimono_02.jpg
「クラブ化粧品」の紙箱。逆読みの文字とアールデコのデザインからして戦前のものっぽいですね。夢野久作や小栗虫太郎といった昭和異端文学の巨星を輩出してきたことで知られる文芸誌『新青年』のデザインを彷彿とするミステリー感のあるデザインにぐっときます。

180609_kamimono_03.jpg
メンコです。相手の置いたメンコの脇に自分のメンコを叩き付け風圧で裏返したら勝ちで、裏返したメンコは自分のモノになる、という素朴なルールのゲームだったと思います。幼少期に何度かやった記憶がありますが、すでに廃れた遊びになっていたため、メンコで遊ぶというよりは、カードコレクションのような感じで蒐集して楽しむような感じだったと思います。当時の人気漫画などが絵柄になってますが、本家に許可をとって製造しているものは少なく、微妙に似てないキャラなどが多い印象がありますが、そういう昭和のパチモンくささもまたメンコの魅力でもあったりしますね。

180609_kamimono_04.jpg
メンコの裏側。メンコを手にした事のある人であれば一度は疑問に思うことのひとつがこの裏面の謎です。メンコの裏側には謎の数字や、トランプ的な絵柄や、ジャンケンの図など、いわくありげな記号に満ちあふれていることに気づくと思います。相手のメンコをひっくり返す以外の、何か特殊な遊び方がメンコにはあるのか?と、疑問に思ってさっそくネットで調べてみると、あっさり長年の謎が解けました。あの裏面の謎の数字などは、どうやらメンコ業者の過剰サービス精神が生んだもののようで、メンコを風圧で裏返すという遊び以外にも、メンコを多種多様な遊びに使ってほしいという業者の想いが込められていたようですね。メンコ裏面の謎解きの詳細は以下のリンク先の記事を参照してください。

メモ参考サイト
「メンコの不思議な記号」ブログ『メンコ昭和館』様の記事より
他の記事も、たくさんのメンコ画像とともに、メンコから読み解く昭和という時代を考察しておられて興味深かったです。

180609_kamimono_05.jpg
飴玉などの包装紙や広告入りの栞など。

180609_kamimono_06.jpg
「家族合わせ」のゲーム札。今では馴染みが薄くなってしまったカードゲームの一種ですね。バラバラになっている5つの家族のメンバーを揃えていく遊びです。森田童子の「セルロイドの少女」で歌われているイメージのせいか、どことなくメランコリックで寺山修司的な情緒を感じるカードゲームでしたが、実際に家族合わせカードを手にしてみると、それぞれの名前がユーモラスなダジャレになっている場合が多く、なにやら楽し気な雰囲気ですね。そのうち自作のカードを作ってみたいです。

メモ参考サイト
家族合わせ(ウィキペディア)

180609_kamimono_07.jpg
朝野寝坊八(あさのねぼはち)の娘のカード。職業が番頭(商家などの使用人のチーフ)なのに朝寝坊の常習犯っぽい感じの名前というのがイイですね。これだけでギャグ漫画の短編が一本描けそうです。

180609_kamimono_08.jpg
「令女 Reijo Silk Cap」。裁縫針っぽいものが刺さっていますが、もともとは髪型をキープするヘアネットをくるむ台紙のようです。高峰秀子風のレトロテイストの婦人画がいい味だしてますね。

180609_kamimono_09.jpg
しまかげのアイスクリームの袋。麦わら帽子にお下げ髪の少女がアイスバーを持ってるアイコンぽいイラストが可愛いですね。マルシンハンバーグのみみちゃん系のシンプルな線に惹かれます。昭和のオーラを感じるイラストと色使いが和みますね。残念ながら商品の詳細は解りません。アイスクリームなのに紙袋というのが謎めいていますね。調べてみると、製造会社のしまかげは度重なる火災のために1997年にアイスクリーム製造から撤退、とありました。

180609_kamimono_12.jpg

180609_kamimono_10.jpg

180609_kamimono_11.jpg

大善の『御花紙』2種。「お鼻紙」のもじりですね。いかにも昭和のご婦人のエチケット用品っぽい乙女なデザインがいいですね。

180609_kamimono_13.jpg

180609_kamimono_14.jpg
『獅子印・ライオン歯磨』の紙箱。諸星大二郎先生の「孔子暗黒伝」に出てくる開明獣テイストな妖しいライオンの版画が神秘なオーラを放っていてイイですね〜 昔のマッチ箱もそうですが、こんな感じの装飾過多な戦前のデザインってロマンがあって素敵ですね。
posted by 八竹釣月 at 12:09| Comment(0) | コレクション

2018年06月04日

科学冒険漫画『電光団』!!

180529_denkoudan_01a.jpg
『科学冒険漫画・電光団 −電氣博士−』表紙 呑田耕作 昭和25年

今回もビリビリ感電しそうな秘蔵の電氣マンガをご紹介します。昭和25年4月1日発行の漫画『電光団』、作者は呑田耕作(呑田耕・作 なのか、名前が耕作なのか不明)です。表紙には呑田耕作とあるのになぜか奥付には著者名は栢木淳一郎となっています。表紙はペンネームで奥付が本名とか、そういうところでしょうか。

180529_denkoudan_01b.jpg
『科学冒険漫画・電光団 −電氣博士−』裏表紙

昭和25年というと終戦から5年後ということで、復興を模索しながらいろいろとアバウトに物事が進んでいるような時代のようなイメージがあります。出版物もカストリ雑誌など、作りはいい加減でも熱気だけがほとばしっているような感じがしますね。この漫画で描かれる電氣万能の世界も、そうした時代を反映した未来の夢なのかもしれません。

180529_denkoudan_02.jpg
カッコイイ中扉! 想像ですが、おそらく『電光団』というのは、『電氣博士』というシリーズモノの漫画のエピソードのひとつなのかもしれませんね。この本でも物語は尻切れで終わっていて、主人公たちと電光団との戦いに決着はついていません。いかにもつづきがありそうですが、時代が時代だけに実際につづきが出版されたのかどうか不明です。しかし電氣博士というのが、主人公のポッピーの伯父さんのポッポ博士を指すのか、敵の組織、電光団の幹部のチンキラ博士のことを指すのか、これまた説明が無いので不明です。

180529_denkoudan_03.jpg
目次にも稲光がはしっていますね!

180529_denkoudan_04.jpg

180529_denkoudan_05.jpg

悪の組織・電光団によって小さくされてしまったポッポ博士を甥のポッピー君が伸張電波器(のばすでんぱき)で元の姿にもどしてあげてるところ。ドラえもんのスモールライト的な感じでしょうか。悪の組織が民間人を小さくしてしまうという目的不明の攻撃が微笑ましいですね。どこかコナン的な発想も連想します。

180529_denkoudan_06.jpg

180529_denkoudan_08.jpg

各章の見出しのロゴタイプも味があっていいですね。

180529_denkoudan_07.jpg
「わしになにか用かな?」
悪の組織・電光団の頭脳、チンキラ博士。

180529_denkoudan_09.jpg
「こしゃくな子僧(こぜう)め」
「僕が相手だ、ポパイのように強いんだぞ」

主人公ポッピー君と電光団との壮絶かつサイケな電氣対決!

180529_denkoudan_10.jpg
怪し気なプラズマ的な何かを発する装置!

180529_denkoudan_12.jpg
ノートパソコン的な未来のデバイス。人間が頭で想像できるものはそのうち未来に必ず実現できるという話を以前明石家さんまさんが何かで語ってたのを思い出しました。世界で最初にノートパソコンが登場したのは1975年のIBM製「IBM 5100」だそうですが、その25年前から、それっぽい装置のイメージは人間の脳内に存在していたのですね〜

180529_denkoudan_11.jpg
奥付。エイプリルフールに発行というのも妙なユーモアを感じます。
タグ:漫画 電気 古本
posted by 八竹釣月 at 03:59| Comment(0) | 古本

2018年05月24日

【音楽】今日の気分で選んだ曲

るんるんSpanky & Our Gang「Hong Kong Blues」
先日「香港ブルース」のカバー曲をいくつかピックアップしましたが、こちらのカバーも凄くイイです! スパンキー&アワー・ギャングは60年代に活躍した米国のバンド。コーラスの気持ちいいハーモニーで知られたグループのようですが、この曲でも存分にその持ち味を発揮していますね。私もこの「香港ブルース」のカバー曲で知ったばかりですが、「Sunday Will Never Be The Same」とか「Sunday Mornin'」とか、他の曲も夢のように気持ちいい曲が多いですね。

続けて60〜70年代の洋楽ロックなどで続けようと思ったのですが、最近は原点回帰というか、日本の古今の大衆音楽をよく聴いているので、以下、その中から気に入った曲を選んでみました。

るんるんれをる「生命線」
るんるんれをる「クラブ=マジェスティ」
れをる(REOL)は日本の3人組の音楽ユニット。ネットサーフィンしててたまたま知りましたが、センス溢れるスピード感のある楽曲に唸りました。調べてみると、デビューにいたるきかっけは、メンバーそれぞれがニコニコ動画での投稿がきっかけとなり結成されたユニットだそうで、現代的というか、まさにネットの時代を感じさせますね。

るんるんやくしまるえつこ「少年よ我に帰れ」
曲の構成や楽器のアレンジなどすごく気持ちいいですね。疾走するような曲調が心地いいです。不思議なテイストの歌詞も相まって何度も聞き返したくなるムード感がありますね。アニメ「輪るピングドラム」の主題歌のようですが、最近のアニソンはいかにもアニソンな感じの曲ばかりではなくなってますが、これもアニメ自体が子供やマニアだけの娯楽ではなく、現代日本を象徴するひとつの文化になってきてることもあるんでしょうね。

るんるん光吉猛修「Burning Hearts」
1998年発売のゲーム「バーニングレンジャー」のテーマ曲。今は無きセガサターン用のゲームだそうですが、ゲームの方は未プレイです。それにしてもかっこいい曲ですね。光吉猛修(みつよしたけのぶ)はゲーム音楽の作曲家、歌手。「日本一歌のうまいサラリーマン」の異名をとるだけあって惚れ惚れするイイ声してます。どことなくオリジナル・ラブの田島貴男を彷彿とする声質ですね。というか、最初聴いたとき田島さんかと勘違いしました。

るんるん越美晴「マイ・ブルーサマー」
シンガーソングライター越美晴の1979年の曲。現在はコシミハルの名前で耽美でレトロなキャバレー音楽を彷彿とさせるアコースティックな路線で活躍されていますが、初期の歌謡曲路線の曲もやたらと完成度が高い作品が多く、ほんとに才能の塊のような人だなぁと改めて感じます。初期のアルバム「おもちゃ箱」はその歌謡曲路線での傑作ですね。80年代はYMOの面々とコラボしたりなどテクノな印象がありますが、90年代以降はデカダンで耽美な音楽性に変化していき、2000年以降も異世界の世紀末ヨーロッパのような独特の世界観に磨きがかかってきていて素晴らしいです。とくに2008年のアルバム「覗き窓」はとても完成度が高いアルバムで、個人的に大好きな名盤です。

るんるんFlipper's Guitar「恋とマシンガン」
るんるんFlipper's Guitar「Sending to your Heart」
フリッパーズ・ギターといえばいわずと知れた小沢健二と小山田圭吾のユニットですが、当時はさして興味は感じなかったものの、最近改めて聴いてみるとけっこう良い感じなのでよく聴いてます。

るんるん坂本龍一「Foto Musik」
90年代後半頃のFM番組「坂本龍一のサウンドストリート」のテーマ曲だそうですが、現在の所、本人のアルバムには未収録のレアな作品になっているみたいですね。電子楽器を用いたシンプルなアレンジながらもミステリアスな情感が漂う味わい深い名品だと思います。

るんるんEgo Wrappin' 「Psycoanalysys」
昨年他界された日本映画界の巨匠、鈴木清順の作品「ピストルオペラ」の挿入歌にこの曲が使われていて、そのかっこいい音に一気に引き込まれたのを思い出します。ウッドベースが加わるバンド編成って演奏パフォーマンスとしても見た目のパワフルさもあってカッコイイですね〜
タグ:音楽 邦楽 洋楽
posted by 八竹釣月 at 00:12| Comment(0) | 音楽

2018年04月09日

トモ子ちゃん写真セット

180409_tomoko_01.jpg

少女スターのレジェンド、松島トモ子ちゃんの可愛い写真をご紹介します。単体で手に入れたので詳細は不明ですが、表紙に「なかよし12月号ふろく」と書かれており、中身のプロマイドも5〜8歳くらいまでの写真のようなので、トモ子ちゃんが8歳のころのものとして生年月日から計算すると昭和28年(1953年)の「なかよし」12月号のふろくである可能性が高いですね。

180409_tomoko_02.jpg

それにしても可愛いですね〜 昭和30年代前後の少女雑誌には必ずどこかに出ているような印象があり、当時の洋裁雑誌にも子供服のモデルでしばしば登場しています。ひっぱりだこの超人気子役タレントだったことがうかがわれますね。

180409_tomoko_03.jpg

180409_tomoko_04.jpg

180409_tomoko_05.jpg

180409_tomoko_06.jpg

180409_tomoko_07.jpg

180409_tomoko_08.jpg

180409_tomoko_09.jpg

180409_tomoko_10.jpg

180409_tomoko_11.jpg

180409_tomoko_12.jpg

180409_tomoko_13.jpg

180409_tomoko_14.jpg

180409_tomoko_15.jpg

180409_tomoko_16.jpg

そういえば、こういう感じのポーズをとったタレントの写真をプロマイドと呼んだり、あるいはブロマイドと呼んだりしますね。いったいプ(PU)なのかブ(BU)なのか、どちらが正しいのか調べてみると、意外や意外、どちらも正しいようです。正確には、「プロマイド (Puromaido)」はタレントなどのコレクション用写真、「ブロマイド (Buromaido)」はブロマイド(臭化銀)を感光剤として用いた印画紙(ブロマイド・ペーパー)を指す和製英語で、どちらかというと「プロマイド (Puromaido)」と呼ぶ方が正しいっぽいですが、現在ではどちらも普通に使われているためにどちらで呼んでも間違いではないようです。

メモ参考サイト
松島トモ子(ウィキペディア)

プロマイド(ウィキペディア)
posted by 八竹釣月 at 15:38| Comment(0) | コレクション